Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

サプリメント市場の戦国時代

最近はサプリメント市場の戦国時代といってもいいだろう。

それだけ、サプリメントが多くのメーカーから売り出されている。

農業を活性化する手段は野菜をサプリメントに加工して、

高付加価値で売る。

誰もが同じようなことを考えていて、結果、サプリメントが溢れ出している。

テレビCMでもガンガンサプリメントのCMがやっている。

こうなってくると、消費者は何を買ったらいいのかわからない。

レビューサイトを参考にしようにもレビューサイトも溢れているではないか。

レビューサイトに投稿するのも仕事になっていて、信ぴょう性も薄くなっている。

それなら、ネットワークビジネスの方がいいじゃん。

と勧めたくなってくる。

理由は今のサプリメント市場、広告費が無駄に使われている可能性が高い。

広告費を回収するだけ1社で売り上げるのは至難の技だから。

ソコソコ売れるだけでも成り立つビジネスモデルが必要になってくる。

そうなると、どうせサプリメントを愛用するなら、

紹介者を出せば、報酬につながるネットワークビジネスの方がいい。

そう考える人が増えても不思議ではないだろう。

メールセミナーはこちらをクリック




今や最大のライバルはインターネット

今や最大のライバルはインターネット。

流行りのキーワードはショールーミング。

商品は店舗で見て確かめて、買うのはインターネット。

そういった消費者が増えていて、

最大の家電量販店、ヤマダ電気の最大のライバルが今やインターネットだという。

そういえば、ネットワークビジネス業界でも現在の主流はインターネット。

オフラインの人脈だけでは、リストがすぐ尽きてしまう。

しかし、インターネットを利用すれば、リストを無限大に集めることができる。

そして、信頼構築もインターネットでメルマガ、スカイプやツイッター、フェイスブック、ラインなどで

できてしまうのだ。

セミナーに半強制的に参加するわずらわしさがないし、ムダにコストをかけることもない。

ということで、ネットワークビジネスでもインターネットのツールを使い回すのは、

今や必須のスキルで、そういったスキルをアップラインが持っていなければ、

そのネットワークビジネスの参加を見送ったほうがいいだろう。

メールセミナーはこちらをクリック




ネットワークビジネス研究者35

バイト前は気が重い。

人間、何か今と別のことをやろうとするときに、一番抵抗に会う。

やりはじめたらどうってことないんだけど、やり始める前が一番しんどい。

それは自然界の法則で、止まっているものを動かすときに一番エネルギーを使う。

動き出せば、慣性の法則が働いて最後までやりとげてしまうものだ。

だから、今のバイト前の気の重さを受け入れればいい。

それはネットワークビジネスも同じことで、行動が習慣化されれば、

成功するまでやり遂げてしまうものだ。

今、いくら気が重くてもそれを受け入れて、行動すれば、人生は好転する。

気が重くて動かなければ、何も変わらない。

昔なら環境もそんなに変わらなかったので、自分も変わる必要がなかった。

ところが、現代は環境の変化がものスゴイ。二極化が進んでいて、

何もしなければ、重力に引っ張られて、落ちていく。

格差社会を問題視するのは負け犬のたわ言で、むなしくなるだけだろう。

そこにネットワークビジネスというチャンスがあるのだから、

やはり、抵抗を受け入れて挑戦するしかないのだろう。

メールセミナーはこちらをクリック




ネットワークビジネス研究者34

目標を目指して、前進するしかない。

ネットワークビジネスにもリスクはあって、

それが、サプリメントを買い続けることと、口コミや消費に対するジレンマと

戦いつづけることだと先ほど書いた。

だから、ネットワークビジネスはやらないほうがいい。と結論づけることはできない。

理由は人間には目標が必要だから。何かに向かって前進する必要があるのだ。

生きるためには。

ネットワークビジネスの成功確率はゼロではない。

だから、やっていれば成功できるかもしれないと目標を持ち続けることができる。

今がどんなに悲惨でもそのうち明るい未来がくると期待することは、絶対必要。

芸能界やプロスポーツ界など他に目標がある人にとっては必要ない。

しかし、普通の社会人になって夢破れた人にとっては、ネットワークビジネスは救いの手となる。

放っておけば、オウム心理教などのカルトにのめり込んだり、犯罪に手を染めたりする。

そういったリスクが存在するのは事実。

今の時代、普通の人が間が指して犯罪に手を染めるのは珍しいことではない。

ピケテイ氏のいうように、格差はどんどん広がるのだから、

政府が今のようにお金持ちから税金を取らず、消費税増税に頼るうちは、

貧乏人は貧乏人のまま。夢も希望もない社会にどんどんなっていく。

そんな時代に目標を決めて前進し続けることは、それ自体に意味がある。

メールセミナーはこちらをクリック




ネットワークビジネス研究者33

ビジネスにはリスクが付き物。

それは、スマホアプリビジネスでも同じで、

ほんとうに稼ごうと思ったら、制作費1億円、広告費1億円かけると、

先ほど、書いた。それだけのリスクをかけるから1億円稼げる。

逆に言えば、簡単に稼げる、誰でもできる、楽して稼げる、初期費用ゼロ。

こういったキャッチプレーズはすべて、詐欺だと思ったら間違いない。

比較的、リスクが少ないと言われているネットワークビジネスでもリスクは存在する。

それが、商品を毎月、買い続けなければいけないリスク。

サプリメントに毎月1万円かけられるだろうか。

組織ができるまで、ひたすらサプリメントを買い続けなければいけないリスク。

そして、口コミが信用できると言っても、それが利害に関係ある場合、

逆に信用を失うかもしれない。

まったく、利害関係のない人の口コミだから信用できるわけだ。

口コミによって、利益が発生するネットワークビジネスの場合、

自分が儲かるのだからいいように口コミするのは当たり前。

そもそも、お金儲けしたくて仕方なく買っている商品が正当な消費だろうか。

欲しいものを欲しい時に買うのが本当の消費ではないだろうか。

商品がいくらいいといっても、それで、利益を期待する以上、純粋な消費ではない。

ネットワークビジネスの一番のリスクは、そういったジレンマと戦い続けることだろう。

メールセミナーはこちらをクリック




前のページ 次のページ