Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も


ロイター 5月27日(月)12時27分配信










焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も


5月24日、中国経済の勢いが失速していることを示すさまざまな兆候が出る中、アナリストの中国経済に対する見方もここ5カ月で変化している。2011年3月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)





[北京 24日 ロイター] - 中国経済の勢いが失速していることを示すさまざまな兆候が出る中、アナリストの中国経済に対する見方もここ5カ月で変化している。これまでの緩やかな回復見通しから様変わりし、今や7.5%という今年の成長率目標の達成を危ぶむ声も出始めた。



中国の景気に対する悲観的見方は、23日に発表されたした5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)をきっかけに表面化した。PMI速報値は49.6と、7カ月ぶり低水準を記録した。



BNPパリバのエコノミスト、ケン・ペン氏は「7.5%という成長目標は危うくなっている。中国には景気後退(リセッション)はないが、回復もない」と指摘する。



中国の成長エンジンにゆらつきが見られた場合に政府が大規模介入を行ったこれまで数年と今回は状況が異なる、とエコノミストはみている。2008─09年の金融危機を受けた4兆元規模の景気刺激が講じられることはなく、指導部は、政府支援を必要としない、ゆっくりとしたペースの質の高い成長に中国経済を調整していく方針のようだ、とエコノミストは指摘する。



関係筋がロイターに明らかにしたところによると、中国政府が進める都市化プロジェクトをめぐり、地方政府の債務を拡大させ、不動産バブルを加速させるとの懸念が指導部の間で広がっており、都市化計画に遅れが出る可能性がある。



政府の措置なしでどの程度成長が鈍化するかを見極めるのは難しいが、相次いで発表されるさえない経済指標を受け、2013年の成長率が7%を割り込むとの最悪シナリオを予想する向きもある。



タオ・ワン氏は「投資家は、7%近くにまで成長率が鈍化するほど中国の現在の状況は悪いかどうかを心配している」と指摘。同氏は2013年の成長率予想を8%から7.7%に下方修正している。



<相次ぐ成長率予想の引き下げ>



2012年に7.8%と13年ぶり低成長を記録した経済が、2013年には8%に小幅回復すると予想されていたが、今や、成長率は、政府目標の7.5%は上回るが、8%には達しないとの見方が中心となっている。



前回中国の成長率が7.5%を下回ったのは、わずか3.9%の伸びを記録した1990年。



5月の中国PMIが23日に発表される前からも多くの金融機関は既に 2013年の成長率予想を引き下げており、今後も下方修正が続く見通し。



バンクオブ・アメリカ・メリルリンチは今月、成長率予想を8%から 7.6%に下方修正した。スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行は 8.3%から7.7%に、INGは9%から7.8%に引き下げた。



BNPパリバ、クレディ・スイス、ソシエテ・ジェネラルは成長率予想の見直しを行っている。



成長鈍化の要因について、アナリストの間には様々な見方があり、状況を複雑にしている。



5年ぶり低水準で推移する賃金の伸びが消費を圧迫しているとの声もあれば、無駄な公共投資を抑制する政府の取り組みが小売り売上高に影響しているとの指摘もある。



米経済に回復の兆しがみられるものの、世界的に需要低迷が続いており、 ユーロ圏のリセッションは長期化している。



エコノミストの間での数少ない合意点は、政府が沈静化を目指す業界のひとつ不動産セクターは皮肉ながらも回復しているとの見方だ。また、2桁成長の時代は終わり、内需を投資に代わる成長のエンジンにするための経済構造改革が必要、との点でもエコノミストの見解は一致している。



IHSのエコノミスト、アリスター・ソーントン氏は「中国の成長モデルは既に 使い果たされてしまい新たな成長モデルが必要だ、ということがここ数カ月で明かになった」と述べた。



(Koh Gui Qing記者;翻訳 伊藤恭子 ;編集 吉瀬邦彦)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000034-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



乱獲FX2ダブルトラップ


覇王FX


■改訂版・THEグローバルFX(動画・テキスト)■sarah×RANIXコラボレーション企画




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/996-a031fdbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)