Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。


夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店


産経新聞 5月26日(日)7時55分配信










夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店


夜の大阪・北新地のネオン街で行列をつくるタクシー。アベノミクス効果で消費者心理が改善され、外食や娯楽への支出も増えている=15日、大阪市北区(松永渉平撮影)(写真:産経新聞)





 高級腕時計や宝飾品などの高額品消費を呼び込んでいる安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の効果が、東京・銀座など夜の歓楽街にも波及してきた。老舗すし店や高級クラブに客足が戻り、タクシーチケットも復活の兆しがみえる。ただ、足元で乱高下する株価と同様、安定した回復局面とまではいえず、大多数の飲食店は、かつてのにぎわいとはほど遠く、依然厳しい実情も垣間見える。



 「シャンパン、ありがとうございます!」。ホステスの声とともに、店内に拍手が鳴り響いた。東京・銀座7丁目の高級クラブ「クラブ 稲葉」。3人のホステスに囲まれた男性の席に、1本8万5千円のボトルが運び込まれた。



 ママの白坂亜紀さんは「ワンランク上のボトル注文に、躊躇(ちゅうちょ)しないお客さまが増えた」と風向きの変化を感じとる。昨年までは2次会需要が売り上げの柱だったが、今年は午後11時を過ぎてからの3次会需要も復活。「他のクラブに『いってらっしゃい』と送り出す回数も増えました」と話す。



 酒類販売大手カクヤスが構える銀座のワインセラーには、周辺のクラブから5万円超の高級ワイン「シャトー・ムートン」の注文が相次ぐ。首都圏営業部の橘内秀朗課長は「最近は深夜0時過ぎでもオーダーが入る。はしご酒が増えている証拠」と手応えを語る。



 景況に左右されないといわれる高級料理店にも恩恵が及ぶ。著名人の多くも足を運ぶ老舗すし店「銀座 久兵衛」は、午後6時すぎには予約客で席が埋まる。今田洋輔社長は「景気で大きく変わった実感はない」と話すが、厨房(ちゅうぼう)の一角につるされたカレンダーには、3月、4月と進むにつれ、目標数値を大きく上回る日販額が記されている。



 今期の本業のもうけを示す営業利益が6年ぶりの高水準を見込むトヨタ自動車のおひざ元・名古屋。系列企業が接待に使う「錦3丁目」は3月以降、「週末のタクシー乗り場に、乗車待ちの車列がなくなる回数が増えた」(名古屋市内のタクシー運転手)。タクシーチケットの利用客も増加傾向にあるという。



 歓楽街が潤う背景には、アベノミクスによる株高で恩恵を受けた個人投資家の需要と一部企業の交際費復活がある。「昨年まで領収書を切るのは、主にITベンチャー企業の社長だったが、最近は大企業も戻ってきた」。銀座のダイニングバー「水響亭」の佐々井朗店長は口元を緩める。ジェーシービー(JCB)によると、銀座の1~3月の法人カード決済額(高級飲食店や接客業)は前年同期比27・7%増で、4月は41・6%増と大幅に伸びた。



 交際費の復活は企業側の景況感の改善が大きい。SMBC日興証券の集計で、東京証券取引所1部に上場する平成25年3月期決算の企業全体の最終利益は、前期比24・1%増。今期も同48・4%増の大幅な増益が見込まれる。



 中小企業にも追い風が吹く。従来は交際費の上限額は年間600万円で、税金のかからない損金として認められるのは90%までだった。しかし25年度税制改正で上限額が年間800万円に引き上げられた上、全額を損金算入できるようになった。下村昇治税理士は「仕事をとるために営業を活発化させる企業にとって改正は追い風」と話す。もっとも、国内の個人金融資産に占める有価証券の比率は約13%にすぎず、今のところ株高の恩恵を受ける飲食店は、一部の高級店などにとどまる。



 大阪を代表する繁華街・北新地(大阪市北区)の老舗バー「ダナ」。創業40年の歴史を誇る趣あふれる店内は、平日でも客足が絶えない。だが、北新地の情報提供サービスを行う「キック」の今井利充社長(65)は「人通りは倍増しているが、客足は安い居酒屋に流れている」と危機感を口にする。上客としてならしたパナソニックやシャープなどが軒並み業績を落とし、「交際費が増えることはない」(家電大手)。



 設備関連の企業を経営する男性(65)は「大阪全体に効果が波及するのは1~2年後。自分だって、会社や社員がもうかってから接待する」と、静かにグラスを傾けた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000068-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「FXの全て」10個の簡単なこと ~Mr.I Secret Manual ~音声全10本 305分大容量


FXレボリューション


あなたのトレードにブレークスルーが起きる 劇的14日間プログラム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/993-2e3ddfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)