Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。


牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論


J-CASTニュース 5月26日(日)10時0分配信










牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論


「すき家」の牛丼





 安倍政権の経済政策「アベノミクス」を反映してか、政府が発表する経済指標の好転が目立っている。内閣府が5月16日発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)は実質年率換算で3.5%増と2期連続のプラス成長になり、20日の5月の月例経済報告は景気の基調判断を「緩やかに持ち直している」と、2カ月ぶりに上方修正し、「一部に弱さが残る」との表現を削除した。



 景気回復は企業決算や株価の上昇からも裏付けられるが、サラリーマンの実感は今ひとつ。ところが牛丼の売れ行きも景気回復を裏付けているというから、サラリーマンも驚きだ。



■鉱工業生産指数に約半年遅れで連動



 店舗数で国内最大の牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングス(HD)の小川賢太郎会長兼社長は2013年3月期の連結決算発表で、「牛丼はこの3月、4月で底を打ち、(アベノミクスで)総じてよい影響が出ている」と述べ、売上高の伸びに期待を示した。小川社長によると、すき家の既存店売上高は、経済産業省が発表する鉱工業生産指数に約半年遅れで連動し、回復する傾向があるという。



 経産省によると、鉱工業生産指数の「生産」は2012年9月の86.5(2005年=100)が直近の底となっている。これに対して、すき家の既存店売上高は、2013年2月が前年比89.9%、3月(速報)が88.5%で、底を打ったとみられている。まさに鉱工業生産指数に対して、ほぼ半年遅れの回復というわけだ。



 同様に吉野家HDの既存店売上高が2012年12月に94.0%で底を打ち、その後は回復傾向にある。ゼンショーの小川社長の理論通りであれば、牛丼の売上高は底を打ち、今後は景気回復とともに売り上げ増が期待されることになり、2014年3月期はゼンショーHDが引き続き増収増益を予想、吉野家HDも前記の減収減益から増収増益への転換を見込んでいる。




景気ウォッチャー調査「景気は持ち直している」と総括


 牛丼業界以外も、飲食業で景気回復を予感させる声が増えている。内閣府が全国のスーパー店長やタクシー運転手、製造業経営者らに景気動向を尋ねる「景気ウォッチャー調査」では、高級レストランと一般レストランの経営者・店員やスナック経営者らに景気動向を聞いている。5月10日発表の4月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが前月比0.8ポイント低下の56.5と、6カ月ぶりに低下したが、「景気は持ち直している」と総括された。



 飲食業では「ディナーで高いコースが出るようになった」(九州の高級レストラン)、「まだ会社関係の宴会はゼロに等しいが、個人、家族の客は多少増えている」(北関東の一般レストラン)、「まだ客の出足は悪いが、1、2月のようなひどさではなくなった。忙しい日が時々あり、少し展望が良くなっている」(東北の一般レストラン)など、景気回復をうかがわせる声が現場から寄せられている。



 円安・株高の一方で、賃金上昇にはなお時間がかかるとされるが、アベノミクスの「大胆な金融緩和」「機動的な財政政策」の効果は現れているようだ。今後「民間投資を喚起する成長戦略」が進められる中で、牛丼の底打ちが外食産業に全体にどのように波及していくのか、あるいはポシャってしまうのか、景気分析の手法としても興味が尽きない。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000000-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



プレシャスFX 【安定した実績、収益】 月平均+400PIPSを獲得しているFXトレードシステム!


スキャルプロ ポンドマスターFX


投資系アフィリエイトブログ用【オリジナル】記事コンテンツ自動生成ツール【FXA-Master】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/992-d19719f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)