Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

日経平均株価の暴落、元凶はアベノミクスか=中国報道

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



日経平均株価の暴落、元凶はアベノミクスか=中国報道


サーチナ 5月25日(土)11時36分配信







 今年の世界資本市場でもっとも好調だった日本の株式市場が雪崩のように暴落し、アジア太平洋の株式市場が全面安となった。中国網日本語版(チャイナネット)は24日、株価暴落を受け、日本で大々的に推進されているアベノミクスの効果が疑問視されたと報じた。以下は同記事より。



**********



 人びとの予想を裏切り、日経平均株価は23日の取引で、穴の開いた気球のように真っ逆さまに墜落し、取引終了時も持ち直す気配が見られなかった。同日の取引で株価は1100円超も反落した。



 アジア太平洋の株式市場も、日本の暴落を受け全面安となった。株価暴落の危機が生じたように見えるが、市場ではその明確な原因が確認されていない。一部のアナリストは、「HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が悪化し、経済成長率の減速ムードにより市場がリスク回避態勢となり、日本の株価が暴落した」と推測した。しかし中国の株式市場は情報公開後に変動が生じず、日本の株価暴落後に下落が始まった。



 さまざまな原因が伝えられているが、日本株式市場の突然の暴落は「アベノミクス」が原因の可能性がある。銀河期貨有限公司の首席マクロ経済コンサルタントの付鵬氏は「量的緩和策の副作用は、国債の利回りの上昇だ。これは日本の債務問題を引き起こす。日本がこの利回りをコントロールできなかった場合、また大量の資本が海外に流出した場合、日本のみならずアジア全体を金融の津波が襲うだろう」と指摘した。



 中国人エコノミストで、書籍『貨幣戦争』の著者である宋鴻兵氏は、日本株式市場の暴落について言及した際に、「紙幣の超過発行は資産インフレを引き起こす。通貨が崩壊した場合、国債・株式市場が影響を被る」と主張した。(編集担当:米原裕子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000004-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



◆ PASTA FX triple method ◆ サクっとスキャルで手堅く20pips。トレンドキャッチで100pips。3つの手法でチャンスを逃さない。


津島式FXトレード塾


投資系アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【FXA-Master】&【FXA-Grande】と【フラクタル・アフィリ】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/989-3d49b475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)