Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測


読売新聞 5月25日(土)8時59分配信










14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測


読売新聞





 主な民間調査機関による2013~14年度の経済見通しが出そろった。



 13年度の実質国内総生産(GDP)成長率の予測平均は2・7%、14年度は0・5%となった。



 個人消費の伸びや公共投資による押し上げ効果で13年度は高い伸び率となる。14年度は消費税率引き上げの影響で成長が減速するとの見方が多い。



 13年度の実質成長率が2月に閣議決定された政府経済見通し(2・5%)を上回ったのは、「円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などから、高めの成長が続く」(ニッセイ基礎研究所)との見方が背景にある。



 一方、14年度については、消費増税前の駆け込み需要の反動もあり、伸びは鈍化するとの予測で一致している。ただ、輸出の増加が見込まれることなどから、「景気が後退局面に入ることは避けられる」(第一生命経済研究所)とのシナリオが大勢だ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00001327-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX-29


■■もしトレFX■■


FXプライベート運用システム「Forex Private Banker」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/988-60462055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)