Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に


ロイター 5月23日(木)13時44分配信










焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に


5月22日、ここ数週間軟化している米国債価格について、一部のストラテジストは長い下落局面の始まりにすぎないとみている。写真はニューヨークのウォール街。2011年5月撮影(2013年 ロイター/Shannon Stapleton)





[ニューヨーク 22日 ロイター] 米国債価格はここ数週間、軟化しているが、一部のストラテジストは長い下落局面の始まりにすぎないとみている。



彼らが指摘するのは、米国経済の相対的な強さ、予想以上に堅調な労働市場、小売売上高の増加、約6年ぶりの高水準に上昇した消費者信頼感などだ。その上、米国の財政赤字も驚くべきペースで縮小している。



S&P総合500種<.SPX>指数がことし17%上昇して過去最高値を更新したことで、株式市場が実体経済を反映しているか否かをめぐる議論が一部で持ち上がっている。しかし著名ストラテジストの中には、実体経済から足を踏み外しているのは株式市場ではなく債券市場だとの声もある。



ウェルズ・キャピタル・マネジメントの最高投資ストラテジスト、ジェームズ・ポールセン氏は、ジャンク債や株式などリスク性資産を押し上げてきた投資家信頼感が、間もなく米国債の売りにも波及すると予想。「10年債利回りの上昇が2%で止まるとは思わない。年末には2%より3%に近い水準になっているだろう」と述べた。



しかし方程式を構成する重要な要素は、米連邦準備理事会(FRB)による毎月850億ドルの債券購入だ。この債券需要が金利を低く抑えてきた。



FRB幹部は最近、月々の購入額を縮小する可能性について、以前より少し自由に口にするようになった。バーナンキ議長は22日の議会証言で、拙速な金融引き締めはすべきでないと釘を差しながらも、「景気の勢いが維持されていることが分かれば、今後数回の会合で債券購入ペースを落とす決定することもあり得る」とも述べた。



アライアンスバーンスタインのチーフ米国エコノミスト、ジョゼフ・カーソン氏は「バーナンキ議長が率いるFRBが素早く(債券購入を)縮小することはないだろう。しかし夏にそのことに言及し始め、早ければ9月にも購入を縮小し始めれば、10年国債利回りは年末までに2.5%に、来年前半には3%に達するだろう」と述べた。



10年物米国債利回りはバーナンキ議長の発言を受けて22日に2%を付け、5月初めに比べ35ベーシスポイント(bp)ほど上昇した。一部証券会社は年末までに2.5─3%を付けると予想している。



ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の米国債トレーダー、ショーン・マーフィー氏は「現在の財政問題やインフレ・デフレ見通しが成長を著しく損なうかどうか、見極める時間がもっと必要だ」と話す。



投資家は非常にわずかながら、米国債に対する弱気見通しに傾き始めている。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、大手投機筋は2012年7月以来、概ね債券をロングにしてきたが、先週は3月以来初めて10年国債について小幅なショートポジションに転じた。



ゴールドマン・サックスは20日のノートで、債券利回りにゆがみが生じているとし、米10年国債利回りの「適正水準」を2.5%とした。債券利回りは「成長率・インフレ予想との歴史的な相関関係」に照らし、少なくとも50bp低い水準だという。



<FRB幹部の発言を読む>



FRB幹部らのコンセンサスは、国債買い入れを減らす方向にわずかに傾いているようだ。サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁とシカゴ地区連銀のエバンズ総裁はいずれも「ハト派」と見なされてきたが、労働市場がが改善を続ければ年末までに買い入れプログラムを停止する可能性があると述べた。



一方でニューヨーク連銀のダドリー総裁は21日、資産購入の減少を決定する前に「(米景気が)重大な財政面の制約をどのように切り抜ける」かを見極める必要があると述べた。



セントルイス地区連銀のブラード総裁はやはり21日、経済指標に基づき買い入れペースを調整しながらも、買い入れは継続すべきとの考えを示した。



プルデンシャル・フィクスト・インカムの最高投資ストラテジスト、ロバート・ティップ氏は「FRBは長らく待ち望んできた状況を目にし始めたばかりだ。つまり成長が潜在成長率をわずかに上回り、雇用創出もそこそこ強い」と指摘。「FRBは第4・四半期に買い入れを縮小する可能性があるが、あまりに早い段階でそのシグナルを送ると火遊びになってしまう」と話した。



(Ellen Freilich記者)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000075-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マルチヒットバイナリーBO_FX


『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~【軍資金(10数万円)作り方&6種の億万長者付】


FX THE -RULE- Pro




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/984-b3240809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)