Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

アベノミクスに見るわが国の経済構造転換の必要性=中国

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



アベノミクスに見るわが国の経済構造転換の必要性=中国


サーチナ 5月23日(木)9時56分配信







 日本政府が景気判断を上方修正するなど、安倍政権が放った「3本の矢」の効果は鮮明だ。今年の日本株式市場は活況で、これまでに株価が4割以上も上昇した。これは経済緩和政策と大きな関係がある。一方で2013年1-3月期の経済成長率は3.5%と、輸出だけでなく、内需の消費支出も好調だ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。



 ただ、日本の経済刺激策が長期的に有効か疑問を抱くエコノミストも少なくない。「ミスター円」こと榊原英資氏は経済サミットで、「為替レートは安倍政策の重点ではない。日銀が積極的な金融政策をさらに推し進める可能性は低い。アベノミクスでより重要なのは拡張的財政政策と投資刺激で、それこそが日本の経済構造を決めるカギになる」と述べた。



 榊原英資氏が指摘するように、アベノミクスが成功するかのカギは経済構造の調整が成功するかにかかっている。成功すれば、日本経済は成長の原動力が確立されるだろう。



 最新情報によると、欧州連合(EU)が現在実施している34件の反ダンピング(不当廉売)調査のうち、18件が中国を対象とし、中国の太陽光パネルに対する税徴収も待ったなしの状況にある。また、米国の中国に対する貿易救済(アンチダンピング)の圧力も強い。中国政府が積極的に出てきて仲裁・協議するほかに、より長期的に問題を改めて見直す必要がある。こうした貿易摩擦の形勢は今後も長期にわたって続き、中国経済の構造転換のなかにおいて不可避な問題といえる。



 中国が質の高い持続可能な成長を追及するには経済構造の転換を加速するしかない。中国政府の投資や刺激をあてにしたこれまでのような経済成長にはもはや可能性は小さい。市場メカニズムの原動力を生み出し、真の政府職能転換を進め、経済構造転換を効率よく推し進めなければ、中国が経済成長を維持するのは難しいだろう。



 いま世界は経済構造の再調整を進めている。構造調整は必ず痛みをともなうが、どんなに困難でも耐えるしかない。構造調整を優先し、経済構造の転換・グレードアップに着眼すれば、中国経済の成長ポテンシャルが発揮される。今後の中国経済にもっとも必要なことは、経済の質と効果を重視し、経済構造のグレードアップを図ることだといえそうだ。(編集担当:米原裕子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000007-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マルチヒットバイナリーBO_FX


『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~【軍資金(10数万円)作り方&6種の億万長者付】


FX THE -RULE- Pro




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/983-5b08e4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)