Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(22日)

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



NY市場サマリー(22日)


ロイター 5月23日(木)7時14分配信







(カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円     終値   103.16/18



始値    103.10/13



前営業日終値    102.49/51



ユーロ/ドル   終値    1.2860/62



始値    1.2922/23



前営業日終値    1.2904/08



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)   93*14.00(‐1*19.00) =3.2178%



前営業日終盤    95*01.00(+0*26.00) =3.1317%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)   97*13.50(‐0*30.50)=2.0368%



前営業日終盤    98*12.00(+0*10.00)=1.9298%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)    98*22.25(‐0*11.75) =0.8957%



前営業日終盤   99*02.00(+0*02.75) =0.8190%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)   99*24.25(‐0*00.75) =0.2504%



前営業日終盤    99*25.00(+0*00.25) =0.2380%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値 15307.17(‐80.41)



前営業日終値   15387.58(+52.30)



ナスダック総合<.IXIC>



終値 3463.30(‐38.82)



前営業日終値   3502.12( +5.69)



S&P総合500種<.SPX>



終値 1655.35(‐13.81)



前営業日終値   1669.16( +2.87)



COMEX金(6月限)(ドル/オンス)<2GCM3><GCM3><0#GC:>



終値    1367.40(‐10.20)



前営業日終値 1377.60( ‐6.50)



COMEX銀(7月限)(セント/オンス)<2SIN3><SIN3><SIcv1><0#SI:>



終値    2247.2( +1.7)



前営業日終値  2245.5(‐12.7)



北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)<LCON3><LCOc1><0#LCO:>



終値    102.60(‐1.31)



前営業日終値 103.91(‐0.89)



米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)<2CLN3><CLN3><CLc1><0#CL:>



終値    94.28(‐1.90)



前営業日終値    96.18(‐0.75)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    286.3310(‐1.5936)



前営業日終値    287.9246(‐0.8568)



<為替> バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受け、FRBが向こう数カ月以内に資産購入プログラムの縮小を開始するとの観測が広がり、ドル/円が一時103.73円と2008年10月以来4年半ぶりの高値に上昇した。バーナンキ議長は議会証言で、資産購入プログラムを当面維持する方針を示しながらも、仮に経済情勢の改善が続けば資産購入を「今後数回の会合で縮小する」可能性があると付け加えるとともに、金利をあまりにも長期間にわたって過度に低い水準に保つことにはリスクを伴うと警告した。だが、その後公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、資産購入の縮小を開始する時期をめぐり活発に議論が交わされたことが明らかになり、FOMC内部での意見の隔たりが示唆されたため、ドルは上げ幅を縮小した。



<債券> 国債利回りが急上昇し、指標10年債利回りは節目の2%を上回った。バーナンキFRB議長の議会証言を受け、米経済が一段と改善すれば年内に債券買い入れが縮小される可能性があるとの観測が強まった。バーナンキ議長は上下両院合同経済委員会での証言の冒頭発言で、FRBの現行政策は大きな効果をもたらしており、早計に解除すれば経済に悪影響が及ぶと指摘、早期の緩和解除に慎重な姿勢を示した。これを受けて米国債価格はいったん上昇した。しかしその後、議長が質疑応答で、米経済が持続的な成長軌道にあることが指標で示された場合、今後数回の会合で債券買い入れを縮小することもあり得るとの立場を示したことで、米国債は急速に値を削った。午後に発表された4月30─5月1日のFOMC議事録はハト派的なトーンとなったものの、米国債は安値を維持した。議事録によると、債券買い入れプログラムの縮小へと移る前に、米景気が回復していることを示す一段の裏付けが必要との認識を多くのメンバーが示した。



<株式> 反落した。この日発表されたFOMC議事録から、一部メンバーが6月にも資産買い入れの規模を縮小することに前向きな姿勢を示していたことが明らかになった。S&P総合500種は3週間ぶりの大幅な下げで、構成する10セクター全てがマイナス圏で取引を終えた。とりわけエネルギー、公益事業株の下げがきつく、エネルギー株指数<.SPNY>は1.2%、公益事業株指数<.SPLRCU>は1.6%それぞれ値下がりした。個別銘柄では、ディスカウントストア大手ターゲット<TGT.N>が4%下落した。春先に気温が低かったことなどが影響して第1・四半期(5月4日終了)の米既存店売上高が減少し、2013年の利益見通しを引き下げた。トール・ブラザーズ<TOL.N>は2.9%高。住宅販売の拡大や価格上昇を追い風に第2・四半期(2―4月)決算が46%の増益となり、住宅市場の回復が業界全体に広がっていることを示した。



<金先物> バーナンキFRB議長の議会証言を受けて、量的緩和の早期縮小をめぐる思惑から続落した。バーナンキ議長はこの日、上下両院合同経済委員会の公聴会で証言し、失業率が高止まりしインフレが抑制された環境では「高度に緩和された金融政策が必要」と指摘。このため、市場ではいったん量的緩和継続期待が強まり、買いが台頭。電子取引では一時1400ドルの大台に浮上した。しかし、同議長がこの後、雇用の持続的改善を前提とした年内の資産購入縮小の可能性にも言及。これをきっかけに、外為相場ではドルが対ユーロで切り返した。ドル建てで取引される金塊相場は割高感に圧迫され、朝方の上げ幅を帳消しにしマイナス圏に沈んだ。



<米原油先物> 米量的緩和早期縮小観測やガソリン在庫の急増を背景に売られ、続落した。FOMC議事要旨では、複数の参加者が米経済の改善状況次第では、6月会合での資産購入の縮小が可能だと述べていたことがわかった。これを受けて、米量的緩和の早期縮小観測が広がったことから米株価が下落に転じ、原油もつられて売りが出た。さらに、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計では、ガソリン在庫が前週比300万バレル増と、横ばいを見込んでいた市場予想に反して大幅な増加となった。夏の行楽シーズンを控えて潤沢なガソリン在庫が嫌気され、相場の重しとなった。また、原油在庫が30万バレル減と、市場予想と比べて小幅な取り崩しにとどまったことも、売り材料だった。



[東京 23日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000038-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座+懇親会


7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座


7月20日(土) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座+懇親会




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/982-1e9276ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)