Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け


ロイター 5月22日(水)6時7分配信










ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け


5月21日、米国株式市場は反発し、ダウとS&P総合500種が終値で最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所(2013年 ロイター/Brendan McDermid)





[ニューヨーク 21日 ロイター] 21日の米国株式市場は反発。ダウとS&P総合500種が終値で最高値を更新し、ナスダックも2000年10月以来の高値で引けた。



一部米連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受け、FRBが資産買い入れの規模を縮小し始めるのではないかとの懸念がやや後退した。



ダウ工業株30種<.DJI>は52.30ドル(0.34%)高の1万5387.58ドル。



ナスダック総合指数<.IXIC>は5.69ポイント(0.16%)高の3502.12。



S&P総合500種<.SPX>は2.87ポイント(0.17%)高の1669.16。



ダウとS&P総合500種は前日に続き、取引時間中の過去最高値を更新。ナスダックも1年ぶり高値を更新した。



中小型株の指標であるラッセル2000指数<.TOY>終値はほぼ横ばいの998.78。1000ポイント水準にあるテクニカル抵抗線に引き続き阻まれているものの、終値ベースの最高値近辺で推移した。



この日は、米セントルイス地区連銀のブラード総裁が欧州での講演で、欧州中央銀行(ECB)はインフレ低下と景気低迷への対応として、FRBが実施しているような量的緩和プログラムの導入を検討してみる必要があるとの考えを表明。



また、ニューヨーク連銀のダドリー総裁はジャパンソサエティー(日本協会)で行った講演で、経済見通しが不確かであることを踏まえると、FRB当局者が今後資産買い入れを拡大するか縮小するかは不透明と述べた。株価は午後に入り、ダドリー総裁の発言を受けて一段高となった。



ホーム・デポ<HD.N>が2.5%高。一時79.46ドルまで上昇し取引時間中の最高値をつけた。米住宅市場が回復し始めたことを反映し、第1・四半期(5月5日終了)決算が増収増益となった。



JPモルガン<JPM.N>は1.4%高。一時53.67ドルまで上昇し、1年ぶり高値を更新した。株主総会で行われた投票で、会長職と最高経営責任者(CEO)職の分離求めた株主の提案が否決され、ジェイミー・ダイモン氏が両職を引き続き兼務することを支持する結果となった。



アップル<AAPL.O>は0.7%安。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は米議会上院の公聴会で証言し、アップルは米国有数の高額納税企業であるとし、連邦法人税に関する同社の姿勢の正当性を主張した。20日に公表された上院の報告書でアップルは、税金支払いを回避するため、アイルランドの子会社に数十億ドルの利益を蓄えていた疑いがあると指摘されていた。



主要株価指数は年初から約17%上昇しており、投資家は相場の今後の上値余地を見極めようとしている。



ゴールドマン・サックスは20日付の顧客向けノートで、S&P総合500種の年末時点の目標水準を1750、1年後の目標水準を1825としている。



同社のエコノミストは、2014年に米国内総生産(GDP)伸び率が6年ぶりにトレンド水準を超えると予想している。



市場は22日に行われるバーナンキFRB議長の上下両院合同経済委員会での米経済見通しに関する議会証言に注目している。22日には4月30日─5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録も発表される予定で、FRBの資産買い入れの方向性を探る手掛かりとして注目が集まっている。



ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約 61億5000万株と、年初来の1日平均である約63億4000万株をやや下回った。



騰落銘柄比率は、ニューヨーク証券取引所が8対7。ナスダックは約13対12となった。



*内容を追加して再送します。



(カッコ内は前営業日比)



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値       15387.58(+52.30)



前営業日終値    15335.28(‐19.12)



ナスダック総合<.IXIC>



終値       3502.12(+5.69)



前営業日終値    3496.43(‐2.54)



S&P総合500種<.SPX>



終値       1669.16(+2.87)



前営業日終値    1666.29(‐1.18)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000024-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


◆MT4自動売買必須アイテム◆利益増幅アシスト装置【Hyper Click FX】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/978-f63e2195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)