Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

デフレ脱却へ「一部に変化の兆し」 5月月例、景気判断を上方修正

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



デフレ脱却へ「一部に変化の兆し」 5月月例、景気判断を上方修正


SankeiBiz 5月21日(火)8時15分配信







 甘利明経済再生担当相は20日、5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の基調判断を「緩やかに持ち直している」と2カ月ぶりに上方修正した。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に伴う円安で輸出が改善したためだ。物価についても、輸入物価の上昇を背景に政権交代後初めて、デフレ脱却に近づいたと受け取れる表現を盛り込んだ。ただ政府が目標とするデフレ脱却の軌道に乗ったと判断するには材料不足。賃金改善で家計の支出増という好循環を生み出せるかが実現の鍵を握る。



 ◆「V字で回復」



 5月の基調判断では、4月の「一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる」から「弱さ」という文言を削った。



 個別項目では、米国向け自動車などが好調な輸出は「持ち直しの兆しがみられる」と2カ月連続で上方修正した。生産も「緩やかに持ち直している」、企業収益も「大企業を中心に改善の動きがみられる」とそれぞれ判断を2カ月ぶりに引き上げた。先行きは「次第に景気回復へ向かうことが期待される」と予想している。



 5月の月例経済報告で基調判断を上方修正したことで、今年は4月を除いて毎月上方修正したことになる。



 安倍政権が発足して、景気対策を最優先に取り組む姿勢を明確に打ち出したことで、円安・株高が進み、企業・消費者マインドを改善させていることが大きな要因だ。



 このため甘利担当相は20日の会見で「異次元の政策投入による異次元の景気回復への歩みが始まった。(日本経済は)V字で回復している」と述べ、アベノミクスの成果に胸を張った。



 物価動向についても「一部に変化の兆しもみられる」との表現を追加し、4月の「緩やかなデフレ状況」という表現を変えた。円安で輸入価格が上昇、エネルギーや生鮮食品などを除いた消費者物価指数の下落が緩やかになったとの判断を反映させた。政府が月例経済報告で、物価に関する判断を変えたのは昨年4月以来13カ月ぶりだ。



 ◆国内投資及び腰



 ただ、日本経済を15年以上苦しめてきたデフレからの脱却は容易ではない。スーパーなどの小売業では値下げ競争が激しく輸入物価の上昇分を末端価格に十分転嫁しきれていない。



 今後の焦点は、円安で業績が改善した企業が設備投資の拡大や賃上げの実施に踏み切るかどうかだ。ただ、多くの企業は、生産の海外移転に注力し、国内投資には及び腰だ。コスト増につながる賃上げにも慎重だ。



 このため政府は、企業の設備投資を増やし、雇用や賃金が上昇する環境をつくろうとして、成長戦略の立案と実行を急ぐ。



 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「デフレ脱却にはまだ時間が必要だ」と話す。また、第一生命経済研究所の熊野英生・首席エコノミストは「6月には消費者物価指数がプラスに転換するだろうが、電力値上げや輸入物価上昇などによるもの。賃金が増えて、購買力が上がったからではない」と指摘。「企業の成長は家計に反映されておらず、デフレ構造は変わっていない」と強調する。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130520-00000002-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



うねりFX


終身雇用FX


新世代 FX王 No.1




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/977-67d285d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)