Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

富士ゼロックスが新興国向けサービス強化 16年度までに海外売上高比率6割へ

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



富士ゼロックスが新興国向けサービス強化 16年度までに海外売上高比率6割へ


SankeiBiz 5月21日(火)7時0分配信







 複合機大手の富士ゼロックスは20日までに、現在40%台の海外売上高比率を2016年度までに60%に高める方針を明らかにした。中国や東南アジアでは経済発展に合わせ、オフィス関連機器の需要増加が見込まれており、現地向けに開発した製品の投入やサービス事業の強化などで、売り上げの拡大を目指す。



 山本忠人社長がフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、明らかにした。海外売上高比率は11年度が43%、12年度も40%台になったもようで、山本社長は「13年度は50%に持っていきたい。成長とともに新興国では当社の製品が必要となるだけに、販売を伸ばさないといけない」と意気込みを語った。



 新興国では機能を絞った低価格の複合機のニーズが高いことを踏まえ、同社は12年4月に中国の上海に商品開発拠点を設置。中国に続き、インドネシアなどでも現地向けの新製品を順次開発し、投入する。



 同社は12年10月に、公共料金の請求書の出力・配送や顧客企業の請求業務の電子化などを手掛ける事業を豪企業から買収しており、サービス事業も展開を加速する。山本社長は同事業を「全販売会社に広げる」と述べ、シンガポールや香港、フィリピンなどの英語圏を皮切りに世界各地の営業拠点で展開していく考えを示した。



 さらに米国の景気回復や中東などの経済成長を背景に、複合機の米国への輸出や他メーカーへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給なども伸ばし、海外売上高を拡大する方針。



 また、同社の製品は約9割を中国の2工場で生産しているが、需要の増加に対応するためベトナムに工場を新設し、11月に稼働を始める。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000502-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX伝承~タムラ式マンツーマンコンサル&レッスン~


【簡単投資】イージーバイナリーオプション


SECURITY FX【セキュリティFX】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/976-5d5ed0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)