Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<甘利経済再生相>賃上げで3者協議設置を検討

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



<甘利経済再生相>賃上げで3者協議設置を検討


毎日新聞 5月19日(日)19時48分配信







 甘利明経済再生担当相は19日、NHKの番組で、企業の業績回復に伴う賃金への反映について、政府と産業界、労働界の3者で協議する場の設置を検討していることを明らかにした。甘利氏は「経済が回っていく順番がある。賃金に(業績回復が)跳ね返るのを早くするため、企業側、働く側、政府の3者で何らかの会議を持とうかなという話を(安倍晋三首相に)している」と説明した。



 また、景気の回復に欠かせない企業の設備投資を「政策効果で拡大することを考えている」と述べ、安倍首相が6月に発表する成長戦略に具体策を盛り込む見通しも示した。【丸山進】





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000047-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



逆転FX“Trend Getter”


MT4自動売買必須アイテム◆利益増幅アシスト装置【Hyper Click FX】(付属EA無し)


マナブ式FX完全マスタープログラム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/973-be297ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)