Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

安倍政権の政策を特集…「別人のよう」と英誌

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです
header.png





安倍政権の政策を特集…「別人のよう」と英誌


読売新聞 5月18日(土)8時36分配信







 【ロンドン=中沢謙介】「鳥か? 飛行機か? いや日本だ!」――。



 英誌エコノミストは17日発売の最新号の表紙に、スーパーマンに模した安倍首相を起用し、安倍政権の経済・外交政策を4ページにわたって特集した。



 記事は、安倍首相が前回の首相在任時とは「別人のようだ」と指摘。政権発足後、株価が大幅に上昇し、個人消費が増えたことなどを紹介しながら「政治への信頼を失っていた国民をあっと驚かせた」とたたえた。



 一方、長期的な潜在成長力を引き上げるには、3本目の柱である構造改革を実施することが不可欠だと指摘。さらに、経済政策上の懸念材料として、〈1〉景気が減速した場合に、消費税の引き上げを延期する〈2〉構造改革への抵抗勢力に屈する――の2点を挙げ、「党内に敵を作ることになるとしても、抵抗勢力にひるんではならない」と指摘した。



 一方、外交政策については「強硬な路線を取りすぎている」と指摘。「日本を復活させる道は、経済の再生に集中することであり、結果的に中国との無用な戦争に陥るようなことではない」とくぎを刺した。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00001063-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・バイナリーピンク・GMOクリック証券対応


MT4 カギ足トレンド2


かんたん逆スキャFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/967-d361e051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)