Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

円急落、103円台前半〔NY外為〕(17日)

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです
header.png





円急落、103円台前半〔NY外為〕(17日)


時事通信 5月18日(土)7時0分配信







 【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク外国為替市場では、米国の量的緩和が早期に縮小に向かうとの思惑からドル買いが進み、円は対ドルで1ドル=103円台に乗せ、4年7カ月ぶりの安値を更新した。午後5時現在は103円19~29銭と、前日同時刻(102円18~28銭)比1円01銭の円安・ドル高。

 円は海外市場から弱含みで推移。米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は前日、金融当局が今夏にも緩和規模縮小に動き、年内に資産の購入を終了する可能性がある、との考えを示した。今週は、他にも連銀総裁による緩和縮小を後押しする発言があったこともあり、金利上昇をにらんだドル買いが活発化する一方、質的・量的緩和による低金利の円を売る動きが加速した。

 米指標発表後には、円売り・ドル買いが一段と加速。5月の米ミシガン大消費者景況感指数の暫定値は83.7と、前月の76.4から大幅上昇し、78.0との市場予想(ロイター通信調べ)を上回った。コンファレンスボードが発表した4月の米景気先行指標総合指数も前月から0.6%上昇し、0.2%上昇との予想(同)を上回る伸びを見せた。

 このため、米国の景気回復を裏付ける指標が金融当局の出口戦略を連想させ、米国債が売られて長期金利が上昇する中、一段のドル買い圧力につながった。円は一時103円32銭まで売り込まれた。

 ユーロは、対ドルで一時1ユーロ=1.2796ドルと、約6週間ぶりの安値を付けた。一方、市場で円売り圧力が強まる中で対円では上伸し、132円55銭の高値を付けた。同時刻現在は、対ドルでは1.2833~2843ドル(前日午後5時は1.2875~2885ドル)、対円では同132円40~50銭(同131円62~72銭)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00000006-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXかんたんデイトレちゃん


Mr.Hilton ストラテジー225


うねりFXプロ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/966-a62acdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)