Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

転職市場が活気を戻しつつある――DODA調べ

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです





転職市場が活気を戻しつつある――DODA調べ


Business Media 誠 5月14日(火)14時19分配信









転職市場が活気を戻しつつある――DODA調べ

(出典:DODA)





 転職市場が活気を取り戻しつつあるようだ。転職サービス「DODA」がまとめた2013年4月の転職求人倍率※は、前月から-0.06ポイントの1.31倍。転職希望者が前月比+6%と増加した一方、求人数は前月比+1%の微増であったため、求人倍率は低下した。しかし転職希望者数、求人数ともに、過去4年間で最も多く、前年比でみると+20%を超えている。

【表:職種別 転職求人倍率】

※ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値になる。



 業種別でみると「IT/通信」(2.48倍、前年比+0.22)の求人倍率が最も高く、次いで「メディカル」(2.21倍、同+0.07)、「サービス」(1.49倍、同+0.03)と続いた。



 職種別では「技術系(IT/通信)」が2.61倍(同+0.17)で最も高く、次いで「技術系(建築/土木)」(2.11倍、同+0.28)、「技術系(メディカル)」(2.09倍、同+0.14)だった。



 この結果について、DODAは「4月入社に向けて活動していた転職者の動きが終息するため、例年4月は転職者が減る傾向にあるが、今年は4月も右肩上がりに増加している。景気の回復基調や企業の採用熱の高まりを受け、転職潜在層が動き始めていると考えられる。転職の傾向も、現状の不安や不満を解消するためのものから、仕事を通じて実現したいことや将来のキャリアを見据え、転職に踏み出す人が増えている」と分析した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000046-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します



プラチナムラインFX


鳳凰フェニックスバイナリー 無制限版


鳳凰フェニックスバイナリー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/956-844fb1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)