Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

円、困難な100円到達―円安見通しを変える投資家も

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです




円、困難な100円到達―円安見通しを変える投資家も


ウォール・ストリート・ジャーナル 5月8日(水)10時41分配信







 投資家は円の対ドル為替相場を1ドル=100円にあと1円のところまで下げるのにほとんど抵抗を受けなかったが、100円到達ははるかに難しいことが分かった。



 7日の円相場は99円01銭と、1カ月前とほぼ同じ水準となった。その頃まで円は数兆円規模の資金を市中に注ぎ込むという日本銀行の決定を受け下落を続けており、投資家やアナリストは、円がすぐに4年ぶりに100円台に下落する可能性があるとみていた。



 多くの投資家は円に対して依然弱気だ。力強い米国景気や日銀が新たな金融緩和をするとの見方から、円はすぐに100円を突破する可能性があるとの見方だ。ウォール・ストリート・ジャーナルが銀行を対象に行った調査では、アナリストらは、ドルが年末までに105円(中間値)に上昇すると予想している。



 しかし、一部の資金運用者はこうした見通しを変え始めている。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、円安を見越した投資は昨年11月に下落が加速し始めて以来の最低に落ち込んだ。



 一部の投資家は、日本の投資家が円売りに参加していないようなので、円下落の勢いが失速しているとみている。日銀が長期金利を押し下げるために債券買い計画を始める中で、外国人投資家は日本の大手機関投資家が海外の高利回り投資対象を求めて日本国債を投げ売りすると予想していた。この予想によって、円相場は日銀の金融政策決定会合(4月4日)後の3営業日で7%下落した。これを受けて世界の金融市場も大幅に上昇し、特にスペインやイタリアなど欧州諸国の債券が上げた。これらは日本の投資家の潜在的な投資先とみられていたためだ。



 しかし財務省によると、4月13日までの6週間では日本の投資家は外国債券を3兆4000億円売り越した。多くの日本の投資家はその代わりに国内株式に投資したようだ。こうした投資は為替取引を伴わず、円には何の影響もない。7日には円は対ドルで小幅高となったにもかかわらず、同日の日経平均は3.6%上昇して約5年ぶりの高値をつけた。財務省は9日に、6日までのデータを発表する。



 GAMのポートフォリオ・マネジャー、アービン・ソー氏は「次は日本の個人投資家で、次いで大規模年金基金だ」とし、同氏のファンドマネジャーの多くは一段の円安を見込んでいるが、一部は当面、円安は一服したとみていると述べた。GAMは各種ヘッジファンドに投資された35億ドル(約3470億円)の資金を運用している。



 一部の投資家は、100円近辺で売られたオプションによって、為替レートはこの心理的抵抗線の直前で止まったとみている。BMOキャピタル・マーケッツ(加トロント)の為替取引部門のトップ、フィラス・アスカリ氏によると、多くの投機筋はオプション市場で、ドルがその抵抗線を越えて上昇すれば損失が出る投資をしており、相場がこれに近づくたびに円買いに出ているという。



 円安に向けた取引が過密状態になりつつあることを懸念している向きも多い。つまり、投資家が突然取引から抜けると、円が急上昇する可能性があるのだ。最近まで、円に対する弱気は2007年7月以来の最高近くに達していた。ウォール・ストリート・ジャーナルは今年2月、ジョージ・ソロス、デービッド・アインホーンといった著名な投資家は円安に賭けて大きな利益を得たと報じていた。



 アインホーン氏は7日の電話会見で、今年は金投資での損失を円に対するショートポジションが相殺したとし、円については引き続き弱気だと述べた。ソロス氏の広報担当者からのコメントは得られていない。



 ACTカレンシー・パートナー(チューリヒ)のフェリックス・アダム最高経営責任者(CEO)は「取引が過密になると、ポジションが増えて、コレクションが多くなる」と指摘した。同氏は4月初め、ポーランド・ズロチに対する円のショートポジションを解消したという。



 円は安全な資産と見られていることから、短期的に強含むだろう。中国の経済成長率が鈍化し、欧州経済がさらに深くリセッション(景気後退)に落ち込む中で、市場の広範な下落が起これば、投資家はまた安全な円に駆け込むことになる。



 世界経済への懸念もこの1カ月、米国債の利回りを低下させ、円に対するドルの魅力をそいでいる。米国と日本の国債の利回り格差は歴史的に、ドル円為替レートの重要な要因となっている。



 円を最終的に100円以下に押し下げる可能性のある一つの要因は、好調な米景気を示すニュースだ。今年第1四半期(1-3月)の成長率や製造業など、4月に出た予想を下回る米国の経済指標はドル圧迫要因となり、円への需要が続いた。しかし、先週3日に発表された好調な雇用統計はドルを押し上げた。ドルは4月半ばには95円67銭まで下げたが、3日の統計発表後には99円強にまで上伸した。4月の米の非農業部門就業者数は前月から16万5000人増加。伸びは事前のエコノミスト予想を上回った。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00000903-wsj-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



HN-FX-EUR


HN-FX-PRO


HN-FX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/939-0f4754a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)