Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米金融・債券市場はほぼ横ばい、米雇用統計控え

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです






米金融・債券市場はほぼ横ばい、米雇用統計控え


ロイター 5月3日(金)8時45分配信







[ニューヨーク 2日 ロイター] 2日の米金融・債券市場では、4月の雇用統計発表を翌日に控え、国債価格がほぼ横ばいとなり、利回りは約4カ月ぶりの低水準近辺にとどまった。



米連邦準備理事会(FRB)は1日までの2日間実施した連邦公開市場委員会(FOMC)で、月額850億ドルの資産買い入れ継続を決定。ただ景気動向に応じ買い入れ規模を拡大もしくは縮小させる用意があるとした。



ブラウン・アドバイザリーの債券ポートフォリオマネジャー、トム・グラフ氏は、「FRBが第3、もしくは第4・四半期に買い入れ規模を縮小させる可能性は、現在は非常に低くなっている」とし、むしろ「買い入れ規模を拡大させる確率は50%程度まで上昇した」と述べた。



終盤の取引で指標10年債利回りは1.62%。同利回りは1週間前は1.70%を超える水準にあった。3月には2.09%の高水準をつけている。



米財務省が国債発行を縮小させるとの観測も米国債の需要が高まる要因となっている。財務省は前日、来週実施する四半期定例入札(クオータリー・リファンディング)で総額720億ドルの3年・10年・30年債を発行すると発表。今回は発行額を維持するものの、財政赤字の縮小が続けば将来的に発行額を減らす可能性があるとした。



また、日銀を含む外国中銀が米国債を追加的に買い入れるとの観測も、相場押し上げ要因となっている。



BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏は、「FRBが非常にハト派的になると観測、日本やその他のアジア(中銀)による買い入れ、米財務省による国債発行額の縮小をめぐる憶測など、数々の要因が重なり、国債利回りは現在の水準になった」と述べた。



3日発表の4月の雇用統計では、非農業部門雇用者が前月比14万5000人増加したと予想されている。



BNPパリバのコーリ氏は、結果が予想を大きく下回らない限り、10年債利回りは1.60%を下回ることはないと予想。10年債利回りがこの水準を下回れば「危機が間近に迫っている」とされる領域に入ることになるとしている。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130503-00000036-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



OCUTOPUS PRO FX


FX シークレットセミナー フルパッケージ


FX投資会社設立による独立起業ノウハウ「年商1億円を達成した儲かるFX新スキーム構築法」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/926-d5629fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)