Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米バークシャーが4日に年次株主総会、後継者問題など焦点

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです





米バークシャーが4日に年次株主総会、後継者問題など焦点


ロイター 5月1日(水)9時2分配信










米バークシャーが4日に年次株主総会、後継者問題など焦点


4月30日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏(中央)が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが5月4日に年次株主総会を実施する。写真は昨年の年次株主総会。ネブラスカ州で昨年5月撮影(2013年 ロイター/Lane Hickenbottom)





[30日 ロイター] 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が5月4日に年次株主総会を実施する。同社の規模やバフェット氏の年齢、後継者問題が焦点となる見通し。



バークシャーは中核の保険事業以外の、エネルギーや工業製品、新聞といった分野に事業を拡大。2月にはプライベートエクイティ(PE)の3Gキャピタルと手を組んで、ケチャップで知られる米食品大手HJハインツ<HNZ.N>を232億ドルで買収することを決めた。



週末の総会ではこうした戦略に対する批判はほとんどないとみられる。



投資家やアナリストによると、年初来ではS&P総合500種<.SPX>比で容易に好調を保ってきたが、同社が拡大し、多様化する中で、アウトパフォームすることが難しくなってきている。



バフェット氏(82)やチャーリー・マンガー副会長(89)は4日の株主総会で、事業やガバナンス、景気、そして次のターゲットについて、質問に答えることになる。



一部の投資家はバフェット氏がこれからどの程度の期間にわたって会長職にとどまれるのかを尋ねるとみられる。バフェット氏は1965年から同社を率いてきており、昨年は前立腺がんで治療を受けていた。



ヘッジファンド、シーブリーズ・パートナーズ・マネジメントのダグ・カス氏は、バークシャーがおそらくすぐに後継者を探す困難に直面しなければならなくなると指摘している。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000039-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・投資系アフィリエイトブログ記事自動生成ツール【FXA-Master】&【フラクタル・アフィリ】


賢者のFX投資戦略(DVD3枚組)


【お得なセット】異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross』+ 『Million Cross 改』




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/920-45584144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)