Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(29日)

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです




NY市場サマリー(29日)


ロイター 4月30日(火)8時45分配信







(カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円     終値   97.76/78



始値    97.78/79



前営業日終値    98.08/09



ユーロ/ドル   終値    1.3098/02



始値    1.3105/06



前営業日終値    1.3028/32



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)   104*31.50(‐0*08.50) =2.8747%



前営業日終盤    105*08.00(+0*28.00) =2.8618%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)   103*00.00(‐0*00.50)=1.6667%



前営業日終盤    103*00.50(+0*13.00)=1.6651%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)    99*24.00(+0*01.00) =0.6759%



前営業日終盤   99*23.00(+0*04.50) =0.6823%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)   99*26.50(+0*00.25) =0.2112%



前営業日終盤    99*26.25(+0*01.00) =0.2151%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値 14818.75(+106.20)



前営業日終値   14712.55( +11.75)



ナスダック総合<.IXIC>



終値 3307.02(+27.76)



前営業日終値   3279.26(‐10.73)



S&P総合500種<.SPX>



終値 1593.61(+11.37)



前営業日終値   1582.24( ‐2.92)



COMEX金(6月限)(ドル/オンス)<2GCM3><GCM3><0#GC:>



終値    1467.40(+13.80)



前営業日終値 1453.60( ‐8.40)



COMEX銀(5月限)(セント/オンス)<2SIK3><SIK3><SIcv1><0#SI:>



終値    2312.2(‐36.4)



前営業日終値  2375.8(‐38.2)



北海ブレント原油先物(6月限)(ドル/バレル)<LCOM3><LCOc1><0#LCO:>



終値    103.81(+0.65)



前営業日終値 103.16(‐0.25)



米WTI原油先物(6月限)(ドル/バレル)<2CLM3><CLM3><CLc1><0#CL:>



終値    94.50(+1.50)



前営業日終値    93.00(‐0.64)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    289.4392(+4.0387)



前営業日終値    285.4005(+2.6031)



<為替> イタリアの連立政権発足で2カ月に及ぶ政治の混乱にひとまず終止符が打たれたことを受け、ユーロがドルと円に対して上昇した。ドル/円は軟化した。27日にイタリアの次期首相に中道左派連合のエンリコ・レッタ氏が指名された。これが好感され、29日のイタリア株は上昇し、同日の国債入札では利回りが2010年10月以来の低水準になって、ユーロも買われた。ただ、欧州中央銀行(ECB)が2日の月例理事会で利下げするとの観測が広がっているため、ユーロの上昇余地は限られる可能性がある。一部アナリストは、ECBが政策金利を現在の0.75%から25ベーシスポイント(bp)引き下げれば、ユーロが弱含む可能性があるとみている。



<債券> 週後半に一連の重要なイベントを控え、国債は薄商いの中、ほぼ横ばいで推移した。今週は5月1日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、2日にECB理事会、3日に4月の米雇用統計発表が予定されている。米国の第1・四半期の成長率が予想を下回ったことを受け、米国債利回りはこのところ低水準で推移。この日発表された3月の米個人所得・消費支出統計では、インフレが抑制されていることが示された。財務省は1日に四半期定例入札(クオータリー・リファンディング)の詳細を公表する。税収増を反映し財務省はこのところ国債発行額を引き下げているため、今回の四半期定例入札でも発行予定額が減少するか、注目されている。



<株式> 上昇し、S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。エネルギー、ハイテク株などの成長関連株がこの日の上昇を主導した。朝方発表された3月米住宅販売保留指数が2010年4月以来の高水準に達したことやイタリアの新連立政権発足で2カ月続いた政治空白をめぐる不透明感が払しょくされたことが、相場への追い風となった。アップル<AAPL.O>は3.1%高。初の社債発行に向けた書類を米証券取引委員会(SEC)に提出したことを好感した。ハイテク株<.SPLRCT>は1.7%上昇した。エネルギー株では、シェブロン<CVX.N>が1.1%高。ムーディーズ<MCO.N>は8.3%高。金融危機前の債務担保証券の格付けをめぐる訴訟で和解に至ったことを好感した。



<金先物> 対ユーロでドル安が進行したことを受けて反発した。金相場は朝方から堅調。2カ月間政局不安が続いていたイタリアで新政権が発足したことを好感し、外為市場はユーロ高・ドル安基調で推移した。このため、金相場は相対的な割安感から買われた。また、インドなどで現物需要が活発だったほか、テクニカル要因による買いも目立った。米国では30日から2日間の日程でFOMCが開催される。市場では、最近弱い内容の米経済指標が続いていることなどを背景に、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の規模縮小観測が後退し、相場を下支えした。



<米原油先物> ドル安・ユーロ高や株価の上伸を背景に反発した。中心限月の終値ベースでは4月10日(94.64ドル)以来約3週間ぶりに94ドル台を付けた。寄り付きから堅調に推移した。外為市場では、ドルが対ユーロで下落し、ドル建ての原油相場に割安感が生じたため買いが先行。また、イタリア新政権樹立で政治空白の長期化懸念が後退し、リスク投資意欲が回復したため欧米の株価や金属相場が上昇し、原油相場もこれにつれて電子取引で一時1.69ドル(1.82%)高の94.69ドルまで上伸した。今週は、ECB定例理事会と米FOMCを控え、金融緩和策をめぐる思惑も相場を下支えした。ただ、市場は依然として世界経済回復の足取りに懐疑的。中国物流購買連合による4月の同国製造業購買担当者景気指数(PMI)の発表を週央に控え、警戒感から上値は伸び悩んだ。



[東京 30日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000057-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【支持されて二周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版


8/21@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー


8/27@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/917-d467b4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)