Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

アベノミクス効果で回転ずし高級化 客単価アップ狙う

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです



アベノミクス効果で回転ずし高級化 客単価アップ狙う


SankeiBiz 4月29日(月)8時15分配信










アベノミクス効果で回転ずし高級化 客単価アップ狙う


26日に開店した小僧寿しの「築地 鉢巻太助」=東京都台東区(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 「1皿100円」などの低価格戦略で需要を伸ばしてきた回転ずし各社が、単価の高いメニューや高級感を演出した店舗を拡大させている。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による株価上昇と景気回復への期待感を背景に、消費マインドが上向いていると判断。吉野家や日本マクドナルドなどファストフード大手が低価格攻勢で業績回復を目指す中、「価格」から「価値」へシフトした高級路線でニーズを掘り起こす構えだ。



 東京都台東区のJR御徒町駅近くに、小僧寿しが26日開店した新業態の立ち食いすし店「築地 鉢巻太助」は、コンセプトに「プチぜいたく」を掲げる。黒を基調にした店構えで高級感を醸しだし、通常店と差別化した都心型小型店舗で、メニューも「極鮮 本鮪三種」(620円)や「クレイジーサーモンステーキ炙り握り」(1貫380円)など、通常店より2割以上高いものが並ぶ。売り上げは同社の店舗でトップクラスの月約600万円を目指す。



 木村育生社長は「消費者は安いものをたくさん食べることに飽きている」と分析する。「三種盛り」など独自メニューを数多くそろえるのも「明確なこだわりがないと埋没してしまう」(木村社長)との考えからだ。首都圏を中心に同様の店舗を今年度内に10店展開し、2~3年後に50店まで拡大する計画だ。



 回転ずしチェーン大手の「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)も16日から、従来より高い1皿189円のメニューを本格的にスタートさせた。「全皿105円」をうたってきたが、冷凍されていない国内産の新鮮なネタを使った商品などを加え、売り上げアップを狙う。豊崎賢一社長は「高齢の方でシャリを残す人や、2人で(1皿の2貫を)1貫ずつ食べるお客が増えてきた」と指摘。「たくさんの種類を食べたいというニーズは多く、選択肢を増やすことが必要と判断した」と説明する。



 一方、「高級回転ずし」をいち早く展開してきたエムアンドケイ(金沢市)の「金沢まいもん寿司」は、首都圏の店舗の売上高が今年に入って1割以上増加。「これほどの好調ぶりは珍しい」と、本部統括部の越野敦司部長は話す。富裕層が多い「たまプラーザ」(横浜市青葉区)の店舗では客単価が約2500円と5%近く伸び、1貫で300円以上もする高級魚の「のどぐろ(アカムツ)」などが好調に売れているという。(西村利也)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130428-00000004-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



勝率96.6%!のドル円マスター!! “完全武装のフルオート売買プログラム・ドルエリオンFX”


9/9@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー


ReccenoteFX(レッキノートFX)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/914-d65a2306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)