Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

キヤノンと任天堂の業績―スマホが打撃に


成功率1%と1万人中、100人が成功ではどちらが成功しやすいか?


それを多いと考えるか、少ないと考えるかで思考パターンと行動パターンが決まり、

成功率も変わる。

「誰でも成功できるから」とまともに受け取って、成功した人はいない。

それが、アムウェイにしてもニュースキンにしても、ナチュラリープラスにしても同じ。

どんな新しいネットワークビジネスでも同じ。

ネットワークビジネス以外でも、ミュージシャン、スポーツ選手、芸能人、

すべての分野で成功者は、1万人中100人。

ただ、違うのは、ネットワークビジネス以外の分野では、みんな、それを知っていて挑戦する。

「プロ野球の選手になれるわけないでしょ。」

「芸能人になれるわけないでしょ。」

そう言われても、挑戦するのは自分なら100人の中に入れるという自信。

しかし、ネットワークビジネスに参入する多くの人は、

誰もが成功できると誤解して、挑戦する。

だから、成功しなければ「騙された」とか「被害にあった」とか騒ぎ立てる。

ネットワークビジネスの仕組みは商品の売上げから、原価を差し引いて、会社の取り分を差し引いて、

残りが、参加者の売上の貢献度によって分配される。

ちょっと計算すれば、成功者は1万人中100人だとわかる。

そして、その上で成功者100人が多いのか、少ないのか、自分で判断すればいい。

何もしなければ、成功確率は0%だけど、挑戦すれば1万人中100人の確率で成功できる。

そこに魅力を感じた人だけが参加すれば、ネットワークビジネスはすばらしいツールになる。

お金もそんなに必要ないし、才能も人脈も必要なし。体格も容姿も一切関係なし。

無料メールセミナーはこちら



キヤノンと任天堂の業績―スマホが打撃に


ウォール・ストリート・ジャーナル 4月26日(金)10時36分配信







 【東京】慎重な財務と効率的な事業運営を重視してきたキヤノンと任天堂は、ここ数年日本のエレクトロニクス産業で見られる過剰投資による大幅損失を回避できた。しかし、この屈強な2社は別種の問題に直面している。スマートフォンがもたらしているテクノロジー・シフトで誤った側に立っているのだ。



 24日に業績を発表した両社は、それぞれ異なった仕方でスマホの影響を感じた。キヤノンでは、スマホがオートフォーカスカメラの需要を浸食しデジタルカメラの出荷が大幅に減少した。任天堂では、スマホでの無料ゲームが増えるなかで、ゲームの新商品が苦戦を強いられている。



 出荷台数が今年10億台に近づくと予想されているスマホの出現は、テクノロジーの世界全体に影響を広げ、パソコン(PC)需要から音楽プレーヤーの販売に到るまで打撃を与えている。特に影響が大きいのがデジタルカメラとゲーム機で、この分野ではキヤノンと任天堂が最大のライバルだ。



 モバイルゲーム・コンサルタントのセルカン・トト氏(東京)は「スマホはポケットにいつも入っている、隠されたモバイルゲーム機だ」とし、「これはまだ序の口だ」と語った。



 任天堂は、2013年3月期の利益と売上高が予想に届かなかったのは2種の旗艦ゲーム機の需要が予想以下だったためだと説明した。同社は四半期の業績は示していないが、ウォール・ストリート・ジャーナルの試算では13月期の営業損失は前年同期の209億1000万円から305億5000万円に拡大し、純損益は前年の51億5000万円の利益から74億5000万円の損失に赤字転落した。



 キヤノンの13月期の純利益は、売り上げと利益が円安の恩恵を被ったものの、前年同期比34%減少した。その売上高の70%がカメラで占められているイメージシステム事業の売り上げは1.8%減少した。ただ、円安効果を除くと14%の落ち込みとなる。加えて、営業利益率は1年前の15%から9.6%に縮小した。



 田中稔三副社長は、コンパクトカメラの需要は、鈍い景気情勢とスマートフォンの人気を背景に、先進国、開発途上国のいずれでも減退したと指摘し、この影響を回避するのは難しかったと述べた。



 需要を減退させているテクノロジー・シフトの実態は円安によって明確でなくなっている。任天堂は、為替レートが現在の水準近辺にとどまれば、今年度の純利益は円安効果に支援されて7倍増になると予想した。



 キヤノンもほぼ円安だけを理由に、2013年12月期の利益予想を上方修正した。円安効果を除くと同社の通年での売り上げはほぼ横ばい、利益は減少が予想される。



 スマホカメラの品質向上と、撮影した写真をインターネット交流サイト(SNS)ですぐに共有したいとのユーザーの希望が、カメラ全体の約75%を占めるコンパクトカメラの需要を消し去っている。



 カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、デジタルカメラの世界出荷台数はピーク時の10年には1億2180万台に上ったが、キヤノンは今年は7000万台にとどまると予想している。同社は今年1月時点では8300万台を予想していた。同社自身の今年の予想量も1700万台から1450万台に下方修正された。



 同社は高級カメラ市場に焦点を当てており、利益率の高い一眼レフカメラ(SLR)で支配的地位を確立している。同社は、画像が高品質で、コンパクトなボディーでレンズ交換ができる、人気のミラーレス分野には遅れて参入した。しかし、同社は競争できる製品があるとし、同分野は成長を続けるだろうとしている。



 日本での「パズル&ドラゴンズ」や米国の「クラッシュ・オブ・クラン」といったスマホ向けのソーシャルゲームの急成長に比べると、任天堂の「Wii U(ウィーユー)」と「ニンテンドー3DS」の鈍さは明白だ。同社が昨年11月に発売したゲーム機「Wii」の3月末までの販売台数は345万台で、目標の400万台に達しなかった。同社はこの目標を既に1月の時点で当初の550万台から下方修正している。



 2年前に発売された3DSの販売も目標に達していない。3月に終わった年度の販売数は1395万台にとどまり、1月時点の目標1500万台に届かなかった。同社の昨年7月時点の目標は1850万台、同10月には1750万台に引き下げられていた。



 同社は引き続き、スマホやプレー無料のゲーム――当初はただだが、ゲームで使う武器などが有料になる――が両機種の販売不振の原因だとはしていない。岩田聡社長は、答えはスマホでは再現できないようなもっと魅力的なゲームを作ることだと述べた。このため同社は、ゲームの魅力を増すためのソフト開発でさらに遅れが出るかもしれないとしている。同社長は、ユーザーを獲得できる強力なソフトに社のエネルギーを集中させることが不可欠だと語った。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000819-wsj-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXアンダーグラウンド・プロジェクト・メンバーサイト


FX自動売買MT4ソフト 一億円メーカー[EA]


s0313【楽販アフィリオ】VictoryFX(ビクトリーFX)過去11年間無敗のFX自動売買プログラム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/905-b564092d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)