Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

”ギャンブル化”する日銀の金融政策


成功率1%と1万人中、100人が成功ではどちらが成功しやすいか?


それを多いと考えるか、少ないと考えるかで思考パターンと行動パターンが決まり、

成功率も変わる。

「誰でも成功できるから」とまともに受け取って、成功した人はいない。

それが、アムウェイにしてもニュースキンにしても、ナチュラリープラスにしても同じ。

どんな新しいネットワークビジネスでも同じ。

ネットワークビジネス以外でも、ミュージシャン、スポーツ選手、芸能人、

すべての分野で成功者は、1万人中100人。

ただ、違うのは、ネットワークビジネス以外の分野では、みんな、それを知っていて挑戦する。

「プロ野球の選手になれるわけないでしょ。」

「芸能人になれるわけないでしょ。」

そう言われても、挑戦するのは自分なら100人の中に入れるという自信。

しかし、ネットワークビジネスに参入する多くの人は、

誰もが成功できると誤解して、挑戦する。

だから、成功しなければ「騙された」とか「被害にあった」とか騒ぎ立てる。

ネットワークビジネスの仕組みは商品の売上げから、原価を差し引いて、会社の取り分を差し引いて、

残りが、参加者の売上の貢献度によって分配される。

ちょっと計算すれば、成功者は1万人中100人だとわかる。

そして、その上で成功者100人が多いのか、少ないのか、自分で判断すればいい。

何もしなければ、成功確率は0%だけど、挑戦すれば1万人中100人の確率で成功できる。

そこに魅力を感じた人だけが参加すれば、ネットワークビジネスはすばらしいツールになる。

お金もそんなに必要ないし、才能も人脈も必要なし。体格も容姿も一切関係なし。

無料メールセミナーはこちら



”ギャンブル化”する日銀の金融政策


東洋経済オンライン 4月21日(日)8時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


”ギャンブル化”する日銀の金融政策



写真を縮小
写真を縮小


”ギャンブル化”する日銀の金融政策

(撮影:尾形文繁)




 ※ 記事の前半部はこちら



 日銀の膨大な長期国債の購入で、極限まで金利水準を押し下げれば、国債を保有する民間部門の受け取り利息が減り、政府の利払い費が軽減される。政府には大歓迎。しかし、財政状況を反映しない、いびつな低金利下で財政規律が緩み、景気対策のために再度の大型補正予算を組む可能性はぬぐえない。日銀にとっては「マネタリーベースを増やしてもインフレにならなかったときがヤマ場」(上野氏)。政府の景気対策と日銀のさらなる国債買い増しが重なれば、金融 政策を逸脱した財政ファイナンスと見なされかねず、悪い金利上昇が起きる可能性もある。

【詳細画像または表】

 黒田総裁は是が非でもデフレ脱却を実現するという姿勢を前面に押し出し、「現時点で重大な副作用が直ちに現れる可能性は極めて低い」と、マイナス面の言及は少ない。



 だが、問題はほかにもある。そもそも日銀が大量の長期国債の残高を2年のうちに100兆円も増やせるのかという根本的な疑問だ。これまで日銀は、短期の金利を国債買い入れを通じて引き下げ、中長期ゾーンの金利は、市場機能に委ねて手をつけていなかった。今回は短期から中長期まですべてを買い入れ対象とし、金利を潰しにかかる。これまでまったく経験のないオペレーションである。



 日銀は金融緩和の発表と同時に残存期間別の国債買い入れ計画を発表したが、その計画は4月と5月だけ。6月以降の買い入れ方針については「決定の都度、公表する」とした。これまで、長期国債の買い入れは残存期間別に毎月の計画が決まっていた。今回、向こう2カ月分の計画しか出さなかったのは、日銀自身、未経験の広範な長期国債の買い入れに対し、確たる自信を持っていない証拠だろう。国債の保有主体である銀行がどこまで日銀に国債を差し出すのかも不透明だ。



 巨額の金融緩和で市場を驚嘆させたが、実際のオペレーションで買い入れが進まずにつまずくようだと、黒田総裁が支配している投資家の期待がたちまちしぼむ。日銀の今回の政策はまるでギャンブルのようだ。







前へ1234


4ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130421-00013739-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Will Power FX


【限定価格】鬼ヶ島FX


HeartsCry-FX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/892-fb030f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)