Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

金融緩和、G20で理解得られた…黒田総裁


成功率1%と1万人中、100人が成功ではどちらが成功しやすいか?


それを多いと考えるか、少ないと考えるかで思考パターンと行動パターンが決まり、

成功率も変わる。

「誰でも成功できるから」とまともに受け取って、成功した人はいない。

それが、アムウェイにしてもニュースキンにしても、ナチュラリープラスにしても同じ。

どんな新しいネットワークビジネスでも同じ。

ネットワークビジネス以外でも、ミュージシャン、スポーツ選手、芸能人、

すべての分野で成功者は、1万人中100人。

ただ、違うのは、ネットワークビジネス以外の分野では、みんな、それを知っていて挑戦する。

「プロ野球の選手になれるわけないでしょ。」

「芸能人になれるわけないでしょ。」

そう言われても、挑戦するのは自分なら100人の中に入れるという自信。

しかし、ネットワークビジネスに参入する多くの人は、

誰もが成功できると誤解して、挑戦する。

だから、成功しなければ「騙された」とか「被害にあった」とか騒ぎ立てる。

ネットワークビジネスの仕組みは商品の売上げから、原価を差し引いて、会社の取り分を差し引いて、

残りが、参加者の売上の貢献度によって分配される。

ちょっと計算すれば、成功者は1万人中100人だとわかる。

そして、その上で成功者100人が多いのか、少ないのか、自分で判断すればいい。

何もしなければ、成功確率は0%だけど、挑戦すれば1万人中100人の確率で成功できる。

そこに魅力を感じた人だけが参加すれば、ネットワークビジネスはすばらしいツールになる。

お金もそんなに必要ないし、才能も人脈も必要なし。体格も容姿も一切関係なし。

無料メールセミナーはこちら



金融緩和、G20で理解得られた…黒田総裁


読売新聞 4月21日(日)0時10分配信







 【ワシントン=香取直武】日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は19日(日本時間20日)、主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の終了後にワシントンで麻生副総理・財務相とともに記者会見した。



 日銀の金融緩和について「(G20で)国際社会に広く理解を得られた。自信を持って金融政策を運営していける」と述べ、2%の物価上昇率を2年程度で達成する政策目標に全力を挙げる考えを強調した。



 G20の共同声明は、日銀が決めた「量的・質的金融緩和」について、「デフレを止め、内需を支えることを意図したものだ」と明記し、円安誘導が目的ではないとする日本の主張に理解を示した。



 一方、共同声明が日本に財政再建の実行を強く求めたことに関連し、麻生氏はG20終了後にワシントンで行った講演で「財政健全化は実をあげていかなければならない現在進行形の課題であり、経済環境を整備して予定通り消費税率を引き上げる決意だ」と述べた。2014年4月に消費税率引き上げを実現できるよう、景気回復を急ぐ考えを示した。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00000020-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マルチヒットバイナリーBO_FX


『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~【軍資金(10数万円)作り方&6種の億万長者付】


FX THE -RULE- Pro




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/890-9c087aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)