Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

「日本の金融緩和は米国の3倍もパワフルだ」ジョージ・ソロスが日銀の采配を高く評価するワケ

あなたに解雇通知書が届いたらどうしますか?

解雇通知書を突然受け取ることになりそうです。

アベノミクスの産業協力会議で解雇規制緩和が導入されれば、

最もな解雇理由なしで、解雇通知書を渡されることになります。

解雇通知書を受け取るということは、クビということ。

解雇予告手当で納得できますか?

あなたが、どんなに優秀でも関係ありません。

産業構造の転換期だからです。

今まで、自信を持って仕事をしていた方ほど、ショックは大きいと思います。

うつ病になるかもしれません。

既存の産業から成長産業に人員をシフトさせるのが目的ですが、

もし、あなたが解雇通知書を受け取ったらどうしますか?

対処する確実な方法は、一つ、

今にうちに、自分自身で稼ぐスキルを身につけることです。

そうすれば、解雇通知書を受け取っても、安心なのです。

そのスキルの一つがインターネットでのネットワークビジネスです。

無料セミナーは、こちらからどうぞ



「日本の金融緩和は米国の3倍もパワフルだ」ジョージ・ソロスが日銀の采配を高く評価するワケ


ダイヤモンド・オンライン 4月13日(土)16時20分配信







 【今回のまとめ】

1.ジョージ・ソロスは財政ファイナンスを肯定している

2.財政ファイナンスとは中央銀行が新発債を直接買い入れることを指す

3.財政ファイナンスが「禁じ手」なのは一度はじめると病みつきになるため

4.これからは預金や日本国債はダメ。株や外国債などにシフトせよ

5.欧州は日本の二の舞を演じている

6.ECB(欧州中央銀行)は金融緩和の余地があるのに緩和していない。ユーロがそれほど下がっていないのはそのため



● 「新しい経済学」を考えるための会議



 4月4日から7日にかけて、香港でアイネット(INET: Institute for New Economic Thinking)のカンファレンスが開催されました。



 アイネットとは、現在の世界が直面する経済問題に対して、真に役立つ指針を提供する新しい経済学を構築するために設立された機関です。



 その運営資金はあのジョージ・ソロスを座長とする篤志家から出ており、研究開発費の援助、学生に対する奨学金、市場関係者からのアドバイス、カンファレンスなどを通じて、開かれた学びとコラボレーションの場を提供することを目的としています。



● 元「金融の番人」からの大胆な提言



 今年のカンファレンスで基調演説を行ったのは、英国のFSA(Financial Services Authority、金融サービス機構。金融サービス全般を監督する官庁、日本の金融庁に相当)の元長官、ロード・ターナーでした。 



 その演説は、これまでタブーとされてきた財政ファイナンスを積極的に奨励する、型破りなものでした。



 財政ファイナンスとは、日本銀行などの各国の中央銀行が、新発債を直接買い入れることを指します。なおソロスは、ターナーの主張を自らの信念に理論的な裏付けを付与するものとして全面的に支持しています。



 ターナーは「財政ファイナンスはこれまで各国の中央銀行が行ってきたQE(量的緩和政策)やLTRO(3年物流動性供給オペ)などと理論的にはほとんど差異はない」と主張しています。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130413-00034360-diamond-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【MGFX】遂に販売開始!元手30万円を2500万円に増やしたFX自動売買システム【ミリオングッドFX】


【MGFX】遂に販売開始!元手30万円を2500万円に増やしたFX自動売買システム【ミリオングッドFX】


テキスト全セット  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/871-bd16b8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)