Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

耐震性を考えて「自由な間取り」にしませんか――身の丈に合った住宅選び

誰にも邪魔されないネットワークビジネス「ドリームキラープロテクトX」
苫米地英人先生がよく口にするキーワード

それが、スコトーマ、抽象度、ドリームキラー

その中で、ネットワークビジネスが直面するキーワードがドリームキラー。

ネットワークビジネス経験者なら必ず、遭遇する。

「お前が成功するはずがない。」

「そんなものやめとけ。」

「お前、友達なくすぞ。」

そうやって、モチベーションが下がり、夢やぶれていく。

対策は、そういったドリームキラーとは、成功するまで距離を置くこと。

そして、インターネットでこっそり成功しよう。


耐震性を考えて「自由な間取り」にしませんか――身の丈に合った住宅選び


Business Media 誠 4月11日(木)11時41分配信









耐震性を考えて「自由な間取り」にしませんか――身の丈に合った住宅選び

約半数の人が、何かをあきらめて「耐震性」を確保している(出典:NCN)





 住宅やマンションの購入を検討している人にとって、今は何かと悩ましいタイミングかもしれない。というのは、近く消費税率アップが控えているからだ。不動産業界の動向に詳しい、ファイナンシャルプランナー(FP)の竹下さくら氏の下には、最近、消費税率アップを見越して住宅購入の相談に訪れる人が後を絶たないという。

【他の画像】

 「例年では、1~3月は在庫整理で不動産物件の相場も下がる傾向にあるのですが、今年はあまり値段が下がっていません。やはり消費税率アップの憶測を背景に、市場の動きが活発になっているのだと思います。特に一戸建ての注文住宅の場合、税率アップ後の物件引渡しになると支払額が増えますから、その前に建てようとしている人たちが多いのでしょう」



 なお、1997年に消費税の税率が3%から5%にアップした際には、その半年前までに請負契約を済ませれば、たとえ引渡しが税率アップ後でも旧税率(3%)が適用されるという特例が認められた。今回の増税案に関しては、まだその実施時期が明確に決まったわけではないが、もし同じ制度が今回も適用されるとすれば、2014年4月からの施行と仮定すると、今年9月末までの請負契約分には旧税率が適用される。これを見込んで、早めに動き出している住宅建築希望者が少なくないようだ。



 また竹下氏は、金利の動向も決して無視できないと指摘する。



 「景気回復の兆しが見えてきたことから、金利の上昇も予想されます。当然、金利が上がれば、住宅ローンの支払い額も変わってきます。ほんの0.2%程度の上昇でも支払い総額に大きく影響してきますから、住宅購入を検討している人にとってはインパクトが大きいでしょう。そのためここ最近では、現在の金利水準や消費税率ですぐに購入できる中古物件に人気が集まる傾向が見られます」



 ただし、こうした外部要因はさまざまあるものの、短期的なトレンドにあまり左右されず、長期的な観点から堅実に住宅購入を計画している人たちも昔と変わらず一定数いるという。



 「賃貸物件の家賃支払いと天秤にかけながら、短期的な資産価値の観点からマンションや建売住宅の購入を検討する層がいる一方で、自分と家族のライフプランを長期的に考えながら、より人間的で快適な暮らしが送れる注文住宅を計画的に建てる層もいます。この両者の違いは、どちらがいい・悪いではなく、あくまでも個人の価値観の問題ですが、FPの立場から言えば、計画的な住宅購入は、先々のことを考えればいい選択だと考えます。というのは、将来退職した時点で賃貸住まいでは、家賃支払いの負担がのしかかるだけでなく、保証人の問題もあり、そもそも高齢者であるというだけで優良な賃貸物件を借りるのが難しくなってきます。こうしたことを見越して、可能であれば、返済能力がある現役のうちに住宅を購入することをオススメしています」



 ただ同時に「決して無理をしてはいけない」とも竹下氏は述べる。特に近年では、若い世代の中に、リスクの高い返済計画を組んで住宅を購入してしまう例が多いという。「持ち家も不動産投資の一部ですから、リスクは決して低くありません。収入が不安定な人は、やはり手を出さない方が無難でしょう」



●耐震性と引き換えにあきらめなくてはならないものがある?



 東日本大震災を機に、住宅に対する考え方に変化はあったのだろうか。竹下氏は言う。



 「今、中古物件の人気が高まっているのも、東日本大震災のときの混乱を教訓にして、より家の立地に気を遣う人が増えてきたという背景があります。また注文住宅に関しても、耐震性の確保はもちろんのこと、長期優良住宅認定に対する関心も高まってきていると感じます」



 ちなみに現在、大手のハウスメーカーや工務店の多くでは、自社で手掛ける注文住宅が、建物の耐震性を示す基準「耐震等級」の最高レベル「等級3」を満たしていることを謳(うた)っている。そのため一見すると、地震対策の観点から見た注文住宅選びには、今のところ特に問題はないように思える。しかし一般的には、木造住宅の耐震性を高めるためには、構造上いくつかの制約を課す必要がある。例えば、一般的な工法では、建物の耐震性を高めるには耐力壁を設置する必要があるため、どうしても間取りに制約が生じてしまう。



 実際のところ、独自の耐震工法技術を供給している株式会社NCN(以下、NCN)が行ったアンケート調査によると、住宅購入者の約半数が、耐震性を確保する代わりに「広さ、部屋数、間取り」「デザイン」「将来掛かるメンテナンス費用」といった点を妥協せざるを得なかったと回答している。同様の認識は、注文住宅を建てたいと考える人々の間では一般的になりつつあるようだ。



 こうした妥協を「妥当なもの」と考えるか否かは、最終的には個人の価値観に帰する問題だろうが、そもそも「自分と家族がより快適に人間らしい生活を営めるように」と願って建てる家が、工法上の制約によりその快適性が損なわれてしまったのでは、本末転倒だと考える人も少なくないだろう。



 ちなみにNCNでは、こうした制約を大幅に取り払いつつ、同時に高い耐震性を備えることができる独自の工法「SE構法」を提供している。SE構法とは、集成材を、独自の専用金物「SE金物」で接合し、必要最低限の耐力壁をバランス良く設置することで高耐震性を実現する工法だ。このため耐力壁で住宅内のスペースがむりやり分割されることがなく、間取りの自由度が極めて高い。大きな間取りを取りたいような場合には、かなり有利になるだろう。



 またCADソフトウェアを使い、木造住宅であっても大規模建造物と同等の構造計算ができる。木造2階建て建造物では法制度上は不要とされている構造計算だが、SE構法ではこれを必ず実施している。



 さらには、最長で20年間の性能保証を付けることが可能になっているため、家を建てる側にとってみれば、かなりのレベルの安心感が得られそうだ。実際、SE構法は数多くのハウスビルダーや工務店に採用されており、既に多数の木造注文住宅で実績を挙げているという。



●先行き不透明だからこそ家についてじっくり考えてみる



 このSE構法の例を見ても分かる通り、近年では耐震性を確保しつつ、同時にデザインや間取りの自由度も損なわない工法も出てきている。前述したように、住宅の購入は人生の一大イベントであると同時に、自分と家族の将来を大きく左右する住環境を決定する。それだけに「耐震性のためには何かを犠牲にしなくてはいけない」という先入観にとらわれることなく、可能な限り広く情報を収集して、ベストな決断を下したいところだ。



 ただし、先に竹下氏も指摘した通り、無理は禁物。いくら丈夫で快適な家を建てたとしても、ローンの返済で家族の生活が圧迫されるようでは、それこそ本末転倒だ。建設に掛かる費用や、将来に渡るメンテナンスコストを慎重に検討した上で、自身の返済能力やライフプランとバランスが取れた「身の丈に合った」住宅選びをしたい。



 「経済動向に震災リスクと、何かと先行き不透明な時代ですが、将来の見通しを立てることが大事だと思います。人生にはいくつもの落とし穴が待ち構えていますが、あらかじめどこにどんな落とし穴がありそうか考えておけば、よりリスクを低減できます。退職して、高齢者になった後の住居の問題もそのひとつ。確かに、遠い将来のことを考えて、家族で話し合うのは面倒かもしれませんが、そのことで家族の絆も深まるかもしれません。これを機に時間をかけてじっくり家について考えてみることをオススメしたいですね」(竹下氏)



[吉村哲樹,Business Media 誠]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130411-00000026-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX USD/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX 全5通貨ペア コンプリートセット■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/861-2f967904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)