Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

アングル:10日の米FOMC議事録、市場の反応は限定的か

誰も辞めないネットワークビジネス「虎の穴」
ビジネスといえば、出来高報酬が当たり前です。

つまり、売れなければ1円も入ってこない。

トヨタにしても、シャープにしても商品が売れなければ、1円も入ってこない。

そうなると社員にも給料が支払えなくなって、倒産します。

ビジネスには、もう一つパターンがあって、それがテレビや新聞、雑誌などの広告ビジネスです。

世の中のすべてのビジネスは、どちらかに当てはまります。

そこで問題。

ネットワークビジネスはどちらでしょうか?

答えは、広告ビジネスです。

だから、ネットワークビジネスというと、胡散臭く聞こえるけれども、

出来高報酬型広告ビジネスというと、まともに聞こえるのです。

ネットワークビジネスでは、普通の人は何がなんだかわかりません。

しかし、出来高報酬型広告ビジネスというとなんとなくイメージできるのです。

実際にネットワークビジネスをやっている人が、このことをほとんど知りません。

それが、なかなか成功できない理由だと思っています。

ネットワークビジネスが出来高報酬型広告ビジネスだと理解できると、

考え方が変わります。

テレビにしても新聞、雑誌にしても、収入源は広告だけど広告がメインではありません。

番組なり記事なり、コンテンツがメインです。

そうです。

ネットワークビジネスは、自分自身がコンテンツなのです。

商品の販売は、普通しません。

自分がなんらかのコンテンツを提供して、商品とビジネスを紹介するだけです。

そして、紹介した相手が商品を使って、同じように他の誰かにコンテンツを提供して

商品とビジネスを紹介する。

その連鎖が、うまく回り出せば成功する。

多くの広告ビジネスと違う点は、出来高報酬というだけです。

しかし、テレビなら視聴率、新聞なら発行部数がないと誰も広告は出してくれません。

視聴率や発行部数を稼いで初めて、広告を出してもらえるのです。

お金と時間がむちゃくちゃ掛かります。

ところがネットワークビジネスなら、このサイクルを早く作ることができるのです。

しかも、個人でです。すごくないですか?

問題は、コンテンツですよね。

同レベルの友人に提供できるコンテンツを持っていますか?

難しいですよね。

しかし、それをインターネットが解決してくれました。

インターネットは、今や立派なメディアになったのです。



アングル:10日の米FOMC議事録、市場の反応は限定的か


ロイター 4月10日(水)13時2分配信










アングル:10日の米FOMC議事録、市場の反応は限定的か


4月9日、米FOMC議事録(3月19─20日分)が公表となるが、今年1月・2月の議事録公表時とは異なり、市場の反応は限定的となる可能性がある。写真は昨年8月、ワシントンのFRB本部で撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)





[ニューヨーク 9日 ロイター] 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(3月19─20日分)が10日公表となるが、今年1月・2月の議事録公表時とは異なり、市場の反応は限定的となる可能性がある。



1月・2月の議事録公表の際には、追加緩和の縮小時期や縮小方法をめぐる思惑で、市場が大きく反応した。



3月のFOMCでも、追加緩和の縮小時期や縮小方法について引き続き議論が行われたとみられるが、今月発表となった3月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が8万8000人増と、9カ月ぶりの低水準にとどまっており、市場では早期の緩和縮小論は後退するとの見方が出ている。



RBCグローバル・アセット・マネジメントのチーフエコノミスト、エリック・ラッセルス氏は「3月のFOMC以降、弱い経済指標が発表されており、今回の議事録は過去のものと受け止められるだろう」と指摘。



「(バーナンキ議長などの中核メンバーは)雇用の回復が不十分で金融緩和の終了を正当化できないとの立場を以前から示している」と述べた。



1月にFOMC議事録が公表された際には、政策変更が近いとの観測が強まり、市場が大きく反応したが、一部のエコノミストは過剰反応だったと振り返っている。



バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの米国担当シニアエコノミスト、マイケル・ハンソン氏は「市場は当時、FRB(連邦準備理事会)よりも雇用の見通しを楽観していた」とし「良好な雇用統計が2カ月程度続いても、FRBは動かないだろう」と述べた。



シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は3月下旬、量的緩和の縮小はおそらく来年以降になるだろうと発言。雇用が少なくとも半年間、毎月20万人超のペースで増加することを確認したいと述べた。



ハンソン氏によると、2000年代に入り20万人超の雇用増加が半年間続いたことはない。



同氏は「基準は厳しい。中核メンバーはもう少し(量的緩和を)継続したいと考えている」と述べた。



<予想が難しい市場の反応>



もっとも、雇用統計が1カ月低迷したという理由で、タカ派が量的緩和への支持を強める可能性は低い。



バーナンキ議長でさえも、経済が着実に改善すれば、量的緩和の縮小に乗り出す方針を示唆している。



ハト派のウィリアムズ・サンフランシスコ地区連銀総裁は先週、景気回復の勢いが続けば、今年夏にも量的緩和の縮小を開始する可能性があると発言。



ピアナルト・クリーブランド地区連銀総裁も今月、資産買い入れペースを緩めるだけで、量的緩和の潜在的リスクを和らげることが可能と指摘している。



このため、議事録に対する市場の反応を予測するのは「困難」(ブラウン・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、トマス・グラフ氏)だ。



グラフ氏は「今回の議事録では、状況の改善が続けば、現在のような大規模な量的緩和は必要ないとのコンセンサスが広がっていることがおそらく明らかになるのではないか」と指摘、その場合、債券や株価の圧迫材料になる可能性があるとの見方を示した。



(Steven C. Johnson 記者;翻訳 深滝壱哉 編集 佐々木美和)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000074-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



★フォワードで証明!【1年版】FX為替予想GIMMIC リスク分散型自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!


FX Professional Trading


逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/859-1cf8e686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)