Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

続伸=利下げや補正予算への期待で〔ソウル株式〕(10日寄り付き)

誰も辞めないネットワークビジネス「虎の穴」
ビジネスといえば、出来高報酬が当たり前です。

つまり、売れなければ1円も入ってこない。

トヨタにしても、シャープにしても商品が売れなければ、1円も入ってこない。

そうなると社員にも給料が支払えなくなって、倒産します。

ビジネスには、もう一つパターンがあって、それがテレビや新聞、雑誌などの広告ビジネスです。

世の中のすべてのビジネスは、どちらかに当てはまります。

そこで問題。

ネットワークビジネスはどちらでしょうか?

答えは、広告ビジネスです。

だから、ネットワークビジネスというと、胡散臭く聞こえるけれども、

出来高報酬型広告ビジネスというと、まともに聞こえるのです。

ネットワークビジネスでは、普通の人は何がなんだかわかりません。

しかし、出来高報酬型広告ビジネスというとなんとなくイメージできるのです。

実際にネットワークビジネスをやっている人が、このことをほとんど知りません。

それが、なかなか成功できない理由だと思っています。

ネットワークビジネスが出来高報酬型広告ビジネスだと理解できると、

考え方が変わります。

テレビにしても新聞、雑誌にしても、収入源は広告だけど広告がメインではありません。

番組なり記事なり、コンテンツがメインです。

そうです。

ネットワークビジネスは、自分自身がコンテンツなのです。

商品の販売は、普通しません。

自分がなんらかのコンテンツを提供して、商品とビジネスを紹介するだけです。

そして、紹介した相手が商品を使って、同じように他の誰かにコンテンツを提供して

商品とビジネスを紹介する。

その連鎖が、うまく回り出せば成功する。

多くの広告ビジネスと違う点は、出来高報酬というだけです。

しかし、テレビなら視聴率、新聞なら発行部数がないと誰も広告は出してくれません。

視聴率や発行部数を稼いで初めて、広告を出してもらえるのです。

お金と時間がむちゃくちゃ掛かります。

ところがネットワークビジネスなら、このサイクルを早く作ることができるのです。

しかも、個人でです。すごくないですか?

問題は、コンテンツですよね。

同レベルの友人に提供できるコンテンツを持っていますか?

難しいですよね。

しかし、それをインターネットが解決してくれました。

インターネットは、今や立派なメディアになったのです。



【ソウル・ロイターES=時事】10日のソウル株式市場の株価は、続伸して始まった。月内に発表が見込まれている補正予算や政府の景気対策を補う中銀の利下げに対する期待感が強まり、北朝鮮情勢をめぐる懸念を払拭(ふっしょく)した。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130410-00000026-jijnb_st-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会あり】


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会なし】


FXデイトレチャンス




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/858-7f53f7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)