Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

情報BOX:日銀緩和に関する海外当局者の発言

誰も辞めないネットワークビジネス「虎の穴」

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。

情報BOX:日銀緩和に関する海外当局者の発言


ロイター 4月9日(火)12時56分配信







[東京 9日 ロイター] 日銀は3、4日に開いた金融政策決定会合で、レジームチェンジ(体制変換)を掲げた大胆な金融緩和策を決めた。これを受けた海外当局者の発言は以下の通り。



◎米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長(8日)



「大半の主要先進国は緩和的な金融政策を実施している。差し引きすると相互に建設的だ」



◎スペインのラホイ首相(8日) (日銀の追加緩和に関連する質問に)「世界の他の中央銀行と同等の権限をECBに持たせるべきか検討する必要がある」「欧州にも他の国にあるような機関が存在してしかるべきだ」



◎韓国の玄オ錫企画財政相(8日)



デフレ脱却に向けた日本の積極的な金融緩和は当然。成功を期待する



ただ、このような量的緩和の波及効果を世界レベルで協議する必要がある。



来週ワシントンで開催される国際通貨基金(IMF)と世界銀行の総会の合間に麻生太郎財務相と日本の金融緩和による影響について協議する予定だ。



◎国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(7日)



「非伝統的措置を含む金融政策は、先進国を支援し、ひいては世界経済を支援してきた。日本銀行が先日発表した改革は、この方向において新たな歓迎されるステップだ」



◎シンガポールのターマン・シャンムガラトナム副首相兼財務相(5日)



「日本が経済をリフレできることが、だれにとっても利益だ。これは挑戦で、日本は新たなアプローチを試みている。日本が成功することがアジアの利益」



◎タイ中銀のポンペン副総裁(5日)



「緩和マネーはまずその国に行き渡り、その後、一部が他の国に向かうもの」



「日本はわれわれの競争相手ではない。タイから日本への輸出は主に食品や生活必需品。もし日本が自信を深め、消費が盛り上がれば、われわれにとってプラス」



◎欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(4日)



「為替相場はECBの政策目標ではない。為替相場は成長や物価安定にとり重要」



◎ドイツのショイブレ財務相(4日)



日本は構造改革の必要性を認識している、と指摘。



「金融・経済の変革の代わりに金融政策が用いられるのであれば、われわれは誤った道を進んでいることになる」



◎フランスのモスコビシ経済・財務相(4日)



「為替相場は長期的に経済のファンダメンタルズを反映すべきと確信している」



各国政府は景気を人為的に支えることを控えるべきであり、為替に関する問題は20カ国・地域(G20)の枠組みで協議すべきと指摘。



◎米アトランタ地区連銀のロックハート総裁(4日)



「日本が過去長年にわたりデフレ期を行き来し、成長に対するデフレとインフレの剣の刃の上で止まっている状況は、世界環境において健全な要素とは言えない。従って一段と積極的な措置を講じる用意を整えることは、それが機能するならば、間違いなくすべてにとって助けとなる」



米連邦準備理事会(FRB)の規模を上回る日銀の緩和強化策により、世界の中銀が行っている積極的な金融緩和にもう1つの要素が加わり、先進国の3主要中銀の中でECBの緩和度合いが最も低くなった、と指摘。



(日銀緩和が)「どのように機能するか、またどの程度の効果があるのかを語るのは時期尚早」



◎米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁(4日)



(日銀緩和は)「極めて積極的」



「海外のすべての中銀が、国内経済が持つ潜在的な力強さを最大に引き出せる政策を採用できるよう望んでいる。なぜなら全世界が必要としているからだ」



1国だけで世界経済のエンジン役を務めることはできない、と指摘。



◎米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁(4日)



(日銀緩和は)「他の誰も承認、もしくは否定する立場にはない」



「日銀は日銀自体の考えに従って政策を運営するべきだ」



ただ、日銀による積極的な緩和策により、FRBが資産買い入れ策を継続させるよう圧力を受けるべきではない、と指摘。



◎米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁(4日)



日本経済の力強い成長は世界経済見通しに影響を及ぼす、と指摘。日銀緩和についてのコメントは控える。



「中銀がすべての問題を解決すると期待するべきではない。中銀は構造的な問題には対処できない」



◎イエレン米FRB副議長(4日)



「デフレ脱却に向け積極的な手段を取ることは理解できることだ」



◎カナダのフレアティ財務相の報道官(4日)



「カナダは日本の経済成長を促進する努力を支持する」



日本政府は「財政・金融政策の意図を非常に明確に示してきた」と指摘。4日の発表はその計画を行動に移したことを示すものとの認識示す。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130409-00000073-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXの構造的な隙間を狙った方法論 秘密のサービスガイドブック


◆【Hyper Click FX 】HyperClickセット◆(EA対応版+インジケーター対応版)


◆【Hyper Click FX 】インジケーター対応版◆




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/856-4e780260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)