Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

国債相場、混乱は長期化も 金融緩和の「副作用」に懸念

誰も辞めないネットワークビジネス「虎の穴」

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。

国債相場、混乱は長期化も 金融緩和の「副作用」に懸念


産経新聞 4月9日(火)10時31分配信







 新たな金融緩和強化に基づく日銀の国債買い入れが始まった8日、国債先物相場は急上昇し、東京証券取引所は混乱を抑えるために売買を一時停止する「サーキットブレーカー」を発動した。売買停止後は、買いの勢いがやや一服。長期金利の指標である新発10年債の利回りは前週末終値に比べ0.010ポイント低い(価格は上昇)0.520%だった。大規模緩和の「副作用」が出た格好で、市場関係者からは相場の乱高下は長期化するとの見方も出ている。



 「不安定化した債券相場は、市場を人為的に操作しようとする日銀の手法に対する警告だ」



 「壊れた債券市場」という衝撃的な題名のリポートを出したみずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストはこう話す。中長期的には、国債消化が円滑に行われる安心感が、財政規律の緩みにつながる懸念についても警鐘を鳴らす。



 サーキットブレーカーは、金融緩和強化が決まった翌日の5日に続く発動だった。この時は買い注文が殺到し、長期金利が過去最低の0.315%に低下した後、0.620%まで上昇。乱高下により、売買は2度中断された。



 新たな金融緩和で日銀が予定する購入額は、毎月の国債発行額の約7割に相当する規模。「影響の大きさを市場がはかりかねているようだ」と指摘する市場関係者もいる。



 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の石井純チーフ債券ストラテジストは、「日銀のオペレーション(公開市場操作)の内容などを見極め、適正水準について市場参加者のコンセンサスができるまで、値動きの荒さは続くだろう」と、相場が落ち着くまで時間がかかるとみている。



 また、SMBC日興証券の末沢豪謙チーフ債券ストラテジストは「資産価格と実際の国力との差が大きくなれば、いつかはそれが修正される」と、実体経済に波及しなければバブル景気の再来になりかねないとの見方を示す。その上で、政府に対し、成長戦略や財政健全化への取り組みなどを求めている。



 それでも、日銀の金融緩和は円安株高を進めており、高く評価する市場関係者が多い。金利下落は住宅などへの投資拡大につながる一方、投資家の国債の持ち高を減らし、他の資産にシフトさせる期待もある。株や不動産などの資産価格の押し上げ要因となり、デフレ脱却を後押しする。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130409-00000521-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



エスカレーターFX製品版


エスカレーターFX製品版


せどり秘伝書




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/855-f8e0e4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)