Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

クリントン政権時代の好況再来なるか-財政・金融政策が類似

誰も辞めないネットワークビジネス会社「虎の穴」

クリントン政権時代の好況再来なるか-財政・金融政策が類似


Bloomberg 4月8日(月)11時24分配信







  4月8日(ブルームバーグ):米国で新しく選ばれた民主党の大統領が反対意見も多い増税を議会で押し通そうとしている。経験豊かな米連邦準備制度理事会(FRB)議長が短期金利を過去最低水準に維持している。そして経済は金融危機の影響からなかなか回復できない状況だ。





2013年のことだろうか。いや、ビル・クリントン氏が大統領に就いた1993年のことだ。アラン・グリーンスパン氏がFRB議長を務め、米国は貯蓄貸付組合(S&L)危機の対応に追われていた。当時と現在の状況は政策面で似通っている。経済がより好調な局面に今後入ることを示唆しているのかもしれない。





ディシジョン・エコノミクス(ニューヨーク)のアレン・サイナイ最高経営責任者(CEO)は「90年代は財政は引き締め、金融は緩和政策が採用され、平時としては最長の景気拡大だった。今はまさに同じような組み合わせであることから、米国の成長は今後より力強く推移し、景気拡大がさらに3-5年間続く可能性がある」と分析している。





当時と異なるのは財政赤字がより大きく、金利水準はより低いということだ。オバマ大統領とバーナンキFRB議長は大恐慌以来最悪の景気縮小への対応を迫られた。不況の深刻さはクリントン政権誕生に先立つ8カ月のリセッション(景気後退)の3倍余りで、期間は2倍強だ。





20年前の「ポリシーミックス」は金融市場のカンフル剤となった。S&P500種株価指数は2000年にピークとなる1527を付け、1993年から3倍強の水準に上昇にした。





94年にはFRBがフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を当時の過去最低水準3%から引き上げたことに伴い、債券利回りが上昇。その後、FRBの金融緩和で債券利回りは低下。ドルは2000年末時点で、主要通貨から成る通貨バスケットに対して1993年初めより15%高かった。




2000突破か




景気拡大が続けば、今回も似たようなことが起きる可能性はある。MKMパートナーズのチーフエコノミスト、マイケル・ダーダ氏は2日付の顧客向け電子メールで「このサイクルが3年あるいはそれ以上続けば、S&P500種は実質ベースで過去最高値を更新する確率がかなりある」と指摘、2000を突破する可能性があると予想した。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130408-00000015-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



急げ!4月30日まで2980円■スイッチポイントFX5通貨ペアセット■月間8500pipsが激安チャンス!


PPCアフィリエイト顧問【2.16東京セミナー映像】


ワードプレス楽天アフィリエイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/851-ec1d6242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)