Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

良い値上げ 悪い値上げとは?

誰も辞めないネットワークビジネス会社「虎の穴」


良い値上げ 悪い値上げとは? 


東洋経済オンライン 4月8日(月)6時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


良い値上げ 悪い値上げとは? 



写真を縮小
写真を縮小


良い値上げ 悪い値上げとは? 

良い値上げ 悪い値上げとは?




 「消費者物価の前年比上昇率2%の目標を、2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する。量・質ともに次元の違う金融緩和を行う」

【詳細画像または表】

 4月4日に開かれた金融政策決定会合で、黒田東彦・日本銀行総裁は、就任前の公言どおり、大胆な金融緩和を決めた。



 その内容とは、政策目標を、マネタリーベース(資金供給量)に変え、その規模を、12年末138兆円だったものを14年末270兆円へ倍増させるというものなど。市場にとって期待以上の緩和で、日経平均株価は発表後に500円近く上昇し、4年半ぶりの高値水準である年初来高値に迫った。



 だが、こうした政府・日銀の政策は、はたして日本経済にとって望ましいものなのか。



 金融緩和によって生じる物価上昇には「良い物価上昇」と「悪い物価上昇」の2種類がある。



 良い物価上昇とは、金融緩和による円安で、輸出企業の採算が向上。従業員の賃金が上昇して消費が活発化。設備投資も増え、景気拡大の好循環が生まれ、需要が拡大する中で物価が上昇していくというものだ。



 悪い物価上昇とは、円安によって輸入物価が上昇。資源・素材が値上がりし、内需企業の収益が悪化。賃金が減り、購買力は低下するのだが、商品の価格だけは上がっていくというものだ。需要が増えない中での物価上昇は長続きせず、いずれ物価が下落するデフレに逆戻りする可能性がある。



 2種類ある中で、日本経済はどちらのルートが強いのか。





 足元では、悪い物価上昇のほうが強いと思われる。賃金上昇→消費拡大という流れが見えてこないからだ。



 春闘では自動車大手の満額回答や、流通企業の年収引き上げという動きがあった。だが、その大半が一時金だったり、特別賞与だったりと、賃金水準そのものを引き上げるベースアップではなかった。



 4月1日に日銀が公表した「生活意識に関するアンケート調査」(有効回答2347人)でも、1年後の支出を現在より増やすという回答はわずか4.8%。3カ月前に比べ0.2%ポイントしか上昇していない。1年後に物価が上がると見る回答が、74.2%へ21.2%ポイント急増したのとは対照的だ。



 輸出企業が、円安で採算が改善したといっても、国内で設備投資を増やすとはかぎらない。日銀短観に見る2013年度の大企業・製造業の設備投資計画はマイナス0.7%と減少する。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、円安が進んでも「日本から移した生産が日本に戻ってくるとは思わない」と語る。



■ デフレ脱却に必要なのは 緩和よりイノベーション



 一方、悪い物価上昇はすでに起きている。輸入原油や輸入穀物の価格が、円安によって上昇。資源・素材各社は、相次いで値上げを公表している。最終製品の価格を上げられなければ、メーカーや卸・小売企業の収益が悪化し、賃金が抑制され、デフレが続くことになる。



 デフレからの脱却は確かに必要だ。物価が下がるということは、貨幣の価値が上がるということ。物価が将来下がるのであれば、おカネは今よりも将来のほうが、有効に使える。そう思う人が増えれば、消費や投資は先送りされる。新しいアイデアや設備があっても、おカネが使われることはなく、経済は成長しない。超高齢化社会を迎え、膨大な公的債務を抱えている日本では、経済成長をあきらめることは許容されない。



 どうすればよいか。



 吉川洋・東京大学大学院教授が提案するのは、「新しいモノやサービスを生み出す需要創出型イノベーション」。安倍首相が「第3の矢」と呼ぶ成長戦略などによって規制改革や技術開発が進み、新たな需要を創出するイノベーションが起きれば、経済は成長する。



 そうした革新的企業に勤めている従業員の賃金は上昇し、購買力は上がる。こうした企業が次々と出てきて、全体の消費が活発化すれば、景気拡大の好循環が生まれ、良い物価上昇が起きてくるだろう。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130408-00013573-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【5月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》2ヵ月コース


【5月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》1ヶ月コース


GBPJPY5分足MT4自動売買とカスタムインディケーターセット RSIと移動平均 OptimFX2013年3月版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/850-27d58024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)