Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

あすから新年度…景気回復期待も円安で値上がりも

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ビジネスといえば、出来高報酬が当たり前です。

つまり、売れなければ1円も入ってこない。

トヨタにしても、シャープにしても商品が売れなければ、1円も入ってこない。

そうなると社員にも給料が支払えなくなって、倒産します。

ビジネスには、もう一つパターンがあって、それがテレビや新聞、雑誌などの広告ビジネスです。

世の中のすべてのビジネスは、どちらかに当てはまります。

そこで問題。

ネットワークビジネスはどちらでしょうか?

答えは、広告ビジネスです。

だから、ネットワークビジネスというと、胡散臭く聞こえるけれども、

出来高報酬型広告ビジネスというと、まともに聞こえるのです。

ネットワークビジネスでは、普通の人は何がなんだかわかりません。

しかし、出来高報酬型広告ビジネスというとなんとなくイメージできるのです。

実際にネットワークビジネスをやっている人が、このことをほとんど知りません。

それが、なかなか成功できない理由だと思っています。

ネットワークビジネスが出来高報酬型広告ビジネスだと理解できると、

考え方が変わります。

テレビにしても新聞、雑誌にしても、収入源は広告だけど広告がメインではありません。

番組なり記事なり、コンテンツがメインです。

そうです。

ネットワークビジネスは、自分自身がコンテンツなのです。

商品の販売は、普通しません。

自分がなんらかのコンテンツを提供して、商品とビジネスを紹介するだけです。

そして、紹介した相手が商品を使って、同じように他の誰かにコンテンツを提供して

商品とビジネスを紹介する。

その連鎖が、うまく回り出せば成功する。

多くの広告ビジネスと違う点は、出来高報酬というだけです。

しかし、テレビなら視聴率、新聞なら発行部数がないと誰も広告は出してくれません。

視聴率や発行部数を稼いで初めて、広告を出してもらえるのです。

お金と時間がむちゃくちゃ掛かります。

ところがネットワークビジネスなら、このサイクルを早く作ることができるのです。

しかも、個人でです。すごくないですか?

問題は、コンテンツですよね。

同レベルの友人に提供できるコンテンツを持っていますか?

難しいですよね。

しかし、それをインターネットが解決してくれました。

インターネットは、今や立派なメディアになったのです。



3月31日は年度末です。1951年、老舗の名品が一つの場所で買える日本初の名店街として東京・渋谷の東横のれん街は誕生しました。それから62年、31日にのれん街はその歴史にいったん幕を下ろし、大きく生まれ変わる渋谷とともにリニューアルします。
 そして、4月1日から新年度です。アベノミクスによる景気の回復が期待される一方で、円安などによりさまざまなものが値上がりします。私たちの暮らしにどう影響するのでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130331-00000023-ann-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



井手式7daysFX


プラチナムラインFX


鳳凰フェニックスバイナリー 無制限版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/829-beb1e9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)