Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?
ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。

ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンのセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し


J-CASTニュース 3月31日(日)10時0分配信










ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し


「泡盛」にようやく復活の兆し





 沖縄の「泡盛」の出荷量が低迷している。2012年は前年比0.5%減の2119万3975リットルで、ピークだった2004年から8年連続で減少。当時と比べると、23.5%も減少した。



 泡盛は、1990年代の沖縄ブームに乗って県外出荷を拡大、さらに2002~04年ごろの焼酎ブームと相まって「泡盛ブーム」を巻き起こしたが、それ以降はさっぱりだ。



■減少傾向に歯止めがかかったのか



 沖縄県酒造組合が2013年3月25日に発表した12年の泡盛出荷量と製成(生産)数量(アルコール度数30度換算)によると、出荷量は前年比0.5%減の2119万3975リットル。このうち、沖縄県内への出荷は1794万7407リットルで0.7%減だったが、県外出荷はほぼ前年並みの0.1%増の324万6568リットルだった。



 ここ数年の全体の減少幅は3~5%台で推移してきたが、県外出荷がプラスに転じたことで0.5%まで縮小。この日、沖縄県庁で記者会見した酒造組合の平良正諭輝会長は「13年1月の出荷状況をみると、減少傾向は底打ちした」とみている。



 12年の出荷量を月ベースでみると、県内外とも8月以降は前年同月を上回っており、13年1月は全体で5.8%の増加だったという。



 また、製成(生産)数量は前年比5.7%増の2176万9051リットルで、7年ぶりに増加した。



 泡盛が減少している背景には、若年のアルコール離れや飲酒運転の取り締まり強化、景気の低迷などがあり、焼酎ブームの終焉とともに泡盛の出荷量も落ち込んだ。



 需要が伸び悩むなか、2010年度には泡盛の県外出荷の拡大に向けて販売をテコ入れを試みた。居酒屋などでも提供しやすい泡盛カクテルを開発、東京や大阪、名古屋など大都市圏で泡盛セミナーや試飲会・商談会を開催して、新たな顧客層の掘り起こしを図ってきた。



 酒造組合ではこうした取り組みが功を奏したとみている。減少傾向に、ようやく歯止めがかかってきたようだ。








前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130331-00000000-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX USD/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX 全5通貨ペア コンプリートセット■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/827-c7c2bdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)