Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?
ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。

ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンのセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念


産経新聞 3月31日(日)7時55分配信










揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念


実質国内総生産(GDP)成長率(写真:産経新聞)





 平成26年4月に予定される5%から8%への消費税率の引き上げまであと1年。政府は、予算編成に間に合うよう10月をめどに引き上げの判断を行うが、その際の重要な「ものさし」となるのが4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率(年率換算)が2%となることだ。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」に伴う円安で企業業績が改善し、条件をクリアする可能性は高い。ただ、消費者の景気回復の実感が薄い中での増税は、増税前の駆け込み需要とその後の反動減で将来の景気に悪影響を及ぼしかねず、今夏の参院選の争点にもなりそうだ。



 政府が8月に公表される4~6月期のGDPを判断材料にするのは、本来前提とすべき7~9月期の公表が11月中旬で間に合わないからだ。24年10~12月期のGDP改定値は、実質で前期比0・04%増、年率換算で0・2%増となり、3四半期ぶりにプラス成長に転換。製造業を中心に生産活動が持ち直しているためで、1~3月期もプラス成長が確実視されている。



 4~6月期も回復期待が強い。「24年度補正予算による公共投資の拡大に加え、輸出の回復による生産増が見込まれる」(第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミスト)からだ。4~6月期の実質GDP成長率について、日本総研の山田久シニアエコノミストは「年率換算で3%程度伸びる」と予想。他の民間シンクタンクの調査でも軒並み2~3%前後のプラスと予測され、引き上げの条件を満たす可能性が高い。



 もっとも、SMBC日興証券の試算では、25年度の成長率は消費増税前の駆け込み需要で実質2・8%となるが、増税後の反動減で消費が落ち込むとして26年度は0・2%にとどまる。実体経済の回復が遅れる中で増税すれば、景気回復の腰を折りかねない。



 参院選で過半数獲得を目指す安倍政権も、税率引き上げの判断基準が揺らいでいる。安倍首相は、27日の参院財政金融委員会で「景気に悪影響を及ぼすということになってしまっては、(消費増税で税収増を目指すという)本来の趣旨に反する」と述べ、GDP成長率だけでなく他の経済指標を含めて総合的に判断する考えを示した。



 日本の債務残高は約1千兆円で、GDP比では200%。債務危機に揺れるギリシャ(160%)を上回り、主要国で最悪の水準だ。消費増税は1%の引き上げで2兆7千億円の税収効果がある。増税が先送りされれば、景気にはプラスだが借金の依存度が高まるだけに、安倍首相は厳しい判断を迫られている。



【用語解説】消費税率引き上げの判断



 消費税増税法は、自民、公明、民主の3党合意の末、昨年8月に成立した。努力目標として、名目3%、実質2%のGDP(国内総生産)の経済成長率を明記。経済環境が急変したときには増税を見送る「景気条項」を盛り込んだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130331-00000059-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/JPYペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/826-ad39efea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)