Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

贈与税減税、所得税・相続税は増税…新年度税制

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。



贈与税減税、所得税・相続税は増税…新年度税制


読売新聞 3月30日(土)9時22分配信







 2013年度税制改正法が29日の参院本会議で可決・成立した。



 贈与税などが減税される一方、所得税や相続税は増税となる。



 4月から15年末まで、祖父母が孫などに将来の教育資金をまとめて贈与する場合、1500万円までなら贈与税がかからない。信託銀行に受取口座を開設し、贈与を受ける孫らが入学金や授業料などの支払いを証明する領収書を信託銀行に提出すれば、お金を受け取れる。



 14年4月の消費税率引き上げをにらみ、13年末に期限が切れる住宅ローン減税(住宅ローンの残高に応じて所得税などを減らせる制度)は17年末まで4年延長される。14年4月~17年末に入居する人は年間で最大40万円(10年間で最大400万円)の減税となる。



 従業員の給与総額を増やした企業が、増加額の10%分の法人税を減らせる制度も、4月から3年間の時限措置で始まる。報酬引き上げや雇用増につなげ、景気回復を後押しする狙いだ。



 一方、所得税は、15年分の所得から、現在40%の最高税率が45%に上がり、課税対象所得で「4000万円超」に適用される。



 相続税は、法定相続人の数に応じて課税対象額を減らせる「基礎控除」が少なくなる。夫が亡くなり、妻と子供2人が相続する場合、現在は遺産額が8000万円以下なら相続税は発生しないが、15年1月からは4800万円を超えると相続税がかかる可能性がある。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130330-00000305-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スマートフォンアフィリエイトセミナースマホミクス


購入者特典のパーフェクト配布ツール=109ten.info(30日間ライセンス)


ロト7予想ソフト ロト7パーフェクト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/823-b5fae840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)