Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆


ロイター 3月28日(木)10時52分配信










FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆


3月27日、米連邦準備理事会(FRB)の3人の地区連銀総裁が景気拡大のための債券購入を強く擁護。写真はFRB本部。昨年8月撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)





[シカゴ/クリーブランド 27日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)の3人の地区連銀総裁が景気拡大のための債券購入を強く擁護したが、通常は中立的な立場を取るとみられていたクリーブランド地区連銀のピアナルト総裁が買い入れ規模について、雇用市場がそれほど大幅な回復をみせなくても縮小は正当化されるとの考えを示した。



ピアナルト総裁は現在の購入ペースを維持する必要性について、慎重な見方を示した。これは、FRB内のコンセンサス形成に対する変化を示しているかもしれない。



同総裁はCFA協会主催の昼食会に出席し、「資産買い入れペースの鈍化は、労働市場見通しの大幅な改善の結果として実施される場合、金融政策の歓迎すべき方向性となる」と指摘。「今はまだこうした状況にはなっていないが、それほど遠くない将来になる可能性がある」と述べた。



バーナンキFRB議長は先週の記者会見で、債券購入のペースについて、目先の変更の可能性は示唆せずに、調整が可能だと強調したが、ピアナルト総裁の発言は議長発言よりも若干踏み込んだものとなっている。



ピアナルト総裁は過去5カ月で、雇用が毎月平均約20万人のペースで増加していると指摘。あと数カ月、20万人というペースが続けば雇用市場の状況に対する見通しがかなり上向いたと判断でき、そうなれば、資産買い入れペース鈍化の根拠になるだろうと述べた。



ピアナルト総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。



<ハト派は量的緩和の規模が適切との見方>



一方、FRB内のハト派は量的緩和の規模が適切で、資産バブルや将来的なインフレといったリスクにつながるとの懸念をあまり重視していない。



ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は「資産買い入れの効果はいかなる妥当な想定コストも上回る」 とし、「われわれの金融政策が現時点で金融安定に関する大きな問題を生み出している証拠はない」と述べた。



シカゴ地区連銀のエバンズ総裁も記者団に対し、早期に債券購入規模を縮小するリスクを警告。「資産買い入れ縮小に伴う影響を慎重に検討したい」とし、「決定が時期尚早と受け取られないことをしっかりと確認したい」と述べた。



ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁はさらに、現行の金融政策が十分に緩和的ではないとの見方さえ示している。同総裁は今年のFOMCで投票権を持たない。



FRBの超緩和的な政策が無意識のうちに資産バブルを再び招く状況を作り出しているとの批判があり、バーナンキ議長も債券購入プログラムを擁護する傍らで、このリスクを真剣に受け止めることを明言している。



ローゼングレン総裁は、資産購入が不安定化につながる危険性をあまり重視せず、「大半の市場で金利が低下し、資産価格が上昇している。これは想定されることで、より通常の状態に迅速に戻ることを促進するFRBの取り組みの結果だ」と述べた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000050-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION


エスカレーターFX製品版


せどり秘伝書




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/819-63857e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)