Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?


nikkei TRENDYnet 3月27日(水)12時3分配信


















円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?
円安の影響で輸入品価格が上昇、意外なものも値上げに!




 この記事は「日経トレンディ2013年4月号(3月4日発売)」から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。 円安が勢いを増している。12年後半に1ドル=80円台だった円相場は、金融緩和の強化を背景に、年明けには一気に90円台半ばにまで下落した。こうした急速な円安の影響を受けやすいものの一つが、高級輸入製品の販売価格だ。2月に入ってから、すでに高級ブランドの「ルイ・ヴィトン」が、革小物やアクセサリーなどの販売価格を平均12%値上げ。アップルも人気のノートパソコン「MacBook Air」など、パソコン製品の多くを数千円以上も値上げした。今後、同社の「iPhone」などデジタル製品全般にも波及していく可能性がある。

【詳細画像または表】

「買い」のタイミングはいつ?



 徐々に輸入品の値上がりが始まっているなかで、「買い」のタイミングはいつなのか。上がり始めた価格は反落するのか、それとも当面は上昇を続けるのか。



 結論から言えば、当面は円安基調が続く可能性が高い。すなわち、輸入品の価格が引き続き上がる可能性があるということだ。GCIキャピタルの山岡和雅チーフ・ストラテジストは、「米国の景気が腰折れしなければ、当面は円安基調が続くだろう」とみる。為替市場関係者の間では、1ドル=100円前後までの円安進行はあり得るとの見方が多い。



 さらに14年4月には、消費税率が8%に引き上げられる見通し。輸入車に関しては減税幅の拡大が見込まれるので、あまり大きな影響が出ない可能性が高い。だが、高級ブランド品やロボット掃除機「ルンバ」のような輸入家電、輸入住宅設備などは、駆け込み需要が見込まれそうだ。人気商品は品薄になる可能性もあるので、もし購入を考えている輸入品があるなら、増税前になるべく早く決断したほうが得策といえる。



100円ショップ値上がりで家計を圧迫!? 



 輸入品といっても高級品ばかりではない。円安による素材や原材料、部品などの価格上昇は、各方面から家計を圧迫する要因になる。今後は原油価格が上昇し、電気料金やガソリン価格、プラスチックなどの価格が上がる。大豆や小麦といった輸入農産物も値上がりするだろう。100円ショップや格安居酒屋、ファストファッションなど、これまで幅を利かせてきたデフレ業態の価格にも、円安は影響してきそうだ。



(文/瀧本大輔=日経トレンディ)










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130327-00000003-trendy-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


【FXトレーサーシステム】★1分足で短時間決済★毎日着実に利益を増やすスキャルピングの定番




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/817-a4634ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)