Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発


ロイター 3月26日(火)12時32分配信










ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発


3月26日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて若干ドル高/円安の94円前半。2月撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)





[東京 26日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて若干ドル高/円安の94円前半。前日急落したユーロ/円はこの日も朝方から売られ、ドル/円も一時連れ安となったが、日銀の黒田東彦総裁がデフレ脱却に向けた強い意志をあらためて示したことで短期筋主導の円売りが広がり、ドルは94円台、ユーロは121円台を回復して午前の取引を終えた。



早朝の取引では米系ファンドがユーロ/円を売り仕掛け、ユーロは一時120.73円付近まで下落した。下値では、外貨建て投信の新規設定に伴うユーロ買いフローが見られたという。



その後、日銀の黒田東彦総裁が衆院財政金融委員会で、質・量ともに大胆な金融緩和の推進が必要と述べ、デフレ脱却に向けた強い意志をあらためて示したことで、短期筋の円売りが誘発された。同総裁はまた、経済が改善し、インフレ期待が高まる中での長期金利の上昇は経済に大きなマイナスではないとの認識を示した。さらに、アベノミクスは円安誘導ではないとの見解を明らかにした。



一連の発言を受け、ドルは朝方の安値93.86円付近から一時94.46円まで、ユーロは121.57円まで上昇した。その後、短期筋の円売りが一巡し、両通貨ペアとも小幅に反落した。



この日の取引の応当日は28日となるが、「本邦勢はドル調達が十分にできているため、駆け込み的なフローは見られない。普段の期末に比べてフローの規模も小さい」(邦銀)との指摘が出ており、期末がらみのフローによる相場のブレは今年度末に限っては限定的とみられている。



<ユーログループ議長発言>



黒田総裁の発言は、「ある意味で市場の空気を読んだ発言」(FXプライム、取締役・上田眞理人氏)とされ、前日のユーログループ議長の発言とは好対照を成す。



前日の海外市場では、ユーログループのダイセルブルーム議長が、キプロス支援の下での銀行リストラ計画について、ユーロ圏銀行危機の解決に向けた新たなモデルになるとし、銀行部門を整理する必要があるその他の国もリストラを迫られる可能性があるとの考えを示した。この発言をきっかけに、金融セクターがぜい弱な他国に危機が伝播することへの懸念が市場で広がり、ユーロは大幅安となった。



この日も、フットワークが軽いドル/円とは対照的にユーロ/ドルは小動きで、4カ月ぶりの安値圏となる1.28ドル後半を中心とするもみあいが続いた。また、現行水準より上ではユーロの売りオーダーが並んでいるとされ、ユーロの上値は重い。



<NY連銀総裁>



市場では、4月5日に発表が予定される2月米雇用統計に関心が集まりつつあるが、米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は25日、米経済全般は一定の改善が見られるものの労働市場の状況は「健全な状態から程遠い」として、連邦準備理事会(FRB)は非常に緩和的な金融政策を維持する必要があるとの考えを示した。



同総裁はニューヨーク市内で講演し、このところ比較的大幅な増加が続いている非農業部門雇用者数について、「米国の経済活動の成長率からみて大き過ぎる」と指摘し、「労働市場の見通しが短期的に大幅に改善するという判断を下すのは時期尚早だ」とした。



この日の講演でダドリー総裁は、月額850億ドルの資産買い入れプログラムをめぐり取りざたされている懸念事項を1つ1つ否定。量的緩和第3弾(QE3)は当初の予想を超える効果を発揮していると述べた。 一方、増税や急激な歳出削減など財政政策の引き締めが景気の足かせになるとの認識を示し、これにより米国の今年の国内総生産(GDP)伸び率が1.75%ポイント押し下げられるとの見通しを示した。



FRBは前月、QE3の規模を維持することを決定。ただ、FRB内部では大規模な買い入れの継続により金融市場が不安定になり、資産バブルの発生やインフレの萌芽につながるとの懸念も出ている。



(ロイターニュース 森 佳子)



ドル/円<JPY=>   ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>



正午現在     94.25/27  1.2865/69  121.26/30



午前9時現在   93.93/95  1.2856/60  120.76/80



NY午後5時  94.16/18  1.2852/53  120.98/02










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000069-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ドンペリ塾


スタートフリーバイナリーメジャー MT4


【4月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》4ヵ月コース




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/814-08b16bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)