Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

出光興産、米国シェール革命に乗る

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


出光興産、米国シェール革命に乗る


東洋経済オンライン 3月26日(火)6時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


出光興産、米国シェール革命に乗る



写真を縮小
写真を縮小


出光興産、米国シェール革命に乗る

出光興産、米国シェール革命に乗る




 海外戦略を加速している出光興産が、シェール革命による米国産天然ガスの大幅値下がりを活用し、得意の石油化学製品で一気に世界シェアを引き上げる方策を打ち出した。

【詳細画像または表】

 出光は三井物産と折半出資で合弁会社を米国に設立し、成長性の高い石油化学製品とされるアルファ(α)オレフィンの製造販売事業を行うことで基本契約を締結した。さらに両社は、米国最大の化学メーカーであるダウ・ケミカルと、同事業の原料となるエチレンの調達と製品の一部販売で基本合意に達した。生産能力は年産33万トンで、2014年1~3月に最終投資決定を行い、16年中に稼働する予定。総投資額は未定だが、数百億~1000億円に達する見込みだ。



■ 独自技術の強みを生かし海外市場で攻勢



 αオレフィンの用途は、ポリエチレンなど合成樹脂の添加剤(強度向上)や洗剤、高機能潤滑油、製紙用薬剤など多岐にわたる。世界需要は年間300万トン(約5000億円)を超え、今後も世界のGDP(国内総生産)成長率を1~2%上回る伸びが見込まれている。



 出光はαオレフィン製造で独自技術を持ち、国内ではリーダー格。千葉工場で年間5.8万トン(売上高100億円弱)を生産している。ただ、世界市場ではシェル(12年のシェア34%)、シェブロンフィリップスケミカル(同32%)、イネオス(15%)、サソール(同11%)の海外4社で90%以上のシェアを占めており、出光のシェアは2%弱にとどまる。それに、出光が売り上げの半分を依存する国内市場は、成熟化で需要が頭打ちの状態にある。



 出光にとって、独自技術を生かしてシェアを上げるには、海外市場を開拓するしかない。それには原料を安く調達し、消費地に近い場所で生産することによってコスト競争力を高める必要がある。その手段として決断されたのが、今回の提携だ。





 ダウはテキサス州フリーポートやルイジアナ州セントチャールズに大規模なエチレン工場を持ち、シェール革命で大幅に値下がりした米国産天然ガスに含まれるエタンからエチレンを製造している。フリーポートでは17年稼働に向け世界最大級のエチレン工場(エタンクラッカー設備)を増設する予定にある。合弁会社は、ダウから製造コストベースでのエチレンの引き取り権を確保する。



■ 原料コストを最大2分の1に圧縮も



 「現在、千葉工場では石油由来のナフサを原料とするエチレンからαオレフィンを製造しているが、米国産天然ガスを原料とするエチレンから製造すれば、原料コストは3分の1から2分の1程度削減できる」と、出光興産の機能材料部AO・AO誘導品グループリーダーの岡田憲夫氏は見積もる。



 αオレフィンの原料コストは製造コスト全体の約半分を占めており、半減できれば競争力と採算性は大きく改善する。また、合弁会社の17年時点での世界シェアは約8%に達し、4強に次ぐ地位を確立する。出光単独としても、販売額とシェアが倍以上に拡大する見込みだ。



 販売先は、年産33万トンのうち7割程度が北米向けで、合弁会社が販売する。残りは欧州と中国を含むアジアで、この輸出販売については三井物産が担当する。三井物産は、ダウとはテキサス州で電解工場を合弁設立するなど以前からパートナー関係にあり、出光ともαオレフィンを含めて海外販売で協力関係にある。



 一方、ダウは合弁会社に対して原料のエチレンを供給するのに加え、合弁会社から製品であるαオレフィンの一部供給を受ける。ポリエチレンなどの原料を安価で確保するためだ。今回の3社の提携は、各社が強みを持ち寄って、独自のメリットを追求しようという3社の思惑が一致したものと言える。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130326-00013401-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スタートフリーバイナリーメジャー MT4


スタートフリーバイナリーメジャー MT4


【FXトレーサーシステム】★1分足で短時間決済★毎日着実に利益を増やすスキャルピングの定番




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/812-374e6089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)