Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

花見商戦にアベノミクス効果 弁当、飲料の売れ行き好調

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


花見商戦にアベノミクス効果 弁当、飲料の売れ行き好調


SankeiBiz 3月25日(月)8時15分配信







 各地で桜が満開を迎える中、百貨店では弁当など花見向け商戦が佳境を迎えている。円安・株高による景気回復ムードの高まりで、昨年に比べて高価格の商品の売れ行きが好調だ。



 「いつもよりぜいたくに」。松坂屋上野店(東京都台東区)地下の食品売り場。夜桜見物に出かける女性会社員(25)は、京都・山城産のタケノコをぜいたくに使った1890円の花見弁当を買い求めた。



 桜の名所、上野公園に近い同店では今月13日に特設売り場を設置。安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果で積極的となりつつある消費者心理を見込み、弁当の種類を昨年より2割多い100種類に増やした。この結果、1000円前後だった売れ筋の価格帯が「今年は豪華な2000円弱の弁当に移った」(担当者)。



 そごう・西武も21日までの1週間で、行楽弁当などの売り上げが前年比約24%増。4000円台後半の豪華弁当にも予約が多数入った。酒類も高価格帯のスパークリングワインが好調で、担当者は「まさにアベノミクス効果」とほおが緩ませる。



 銀座三越(東京都中央区)は、アウトドア用のグリルなどをそろえ、「スタイリッシュなお花見」を提案。“ワンランク上”の花見需要の増加に対応した。



 アサヒグループホールディングスの花見に関する意識調査では、「必ず行く」「行くつもり」と回答した人の割合が4年ぶりにプラスに転じた。1人当たりの予算も「1000円台」が減り、「2000円台」が増え、消費意欲の高まりがうかがえる。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000001-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ケツ叩き通信教育 基本徹底叩き込み編


朝7時30分に確認するだけ!完全無裁量FXシステムトレードツール 『TimeManagement FX』


LAVASビッグバンFX FX初心者が勝ちにこだわる投資法

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/809-f847c5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)