Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(15日)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。



NY市場サマリー(15日)


ロイター 3月16日(土)8時54分配信







(カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    95.25/29



始値    96.11/12



前営業日終値    96.11/12



ユーロ/ドル  終値   1.3076/77



始値   1.3059/60



前営業日終値   1.3004/05



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)     98*11.00(+0*18.50) =3.2115%



前営業日終盤    97*24.50(‐0*13.50) =3.2421%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)     100*02.50(+0*13.00)=1.9912%



前営業日終盤      99*21.50(‐0*04.00)=2.0366%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)       99*19.00(+0*07.00) =0.8339%



前営業日終盤     99*12.00( 0*00.00) =0.8791%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)   99*31.75(+0*00.75) =0.2540%



前営業日終盤    99*31.00(‐0*00.25) =0.2660%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値         14514.11(‐25.03)



前営業日終値    14539.14(+83.86)



ナスダック総合<.IXIC>



終値         3249.07(‐ 9.86)



前営業日終値    3258.93(+13.81)



S&P総合500種<.SPX>



終値         1560.70(‐2.53)



前営業日終値    1563.23(+8.71)



COMEX金(4月限)(ドル/オンス)<2GCJ3><GCJ3><0#GC:>



終値    1592.60(+1.90)



前営業日終値 1590.70(+2.30)



COMEX銀(5月限)(セント/オンス)<2SIK3><SIK3><SIcv1><0#SI:>



終値    2885.10(+ 4.40)



前営業日終値 2880.70(‐15.10)



北海ブレント原油先物(5月限)(ドル/バレル)<LCOK3><LCOc1><0#LCO:>



終値    109.82( N/A )



米WTI原油先物(4月限)(ドル/バレル)<2CLJ3><CLJ3><CLc1><0#CL:>



終値    93.45(+0.42)



前営業日終値    93.03(+0.51)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    296.4372(+0.1814)



前営業日終値    296.2558(+1.4508)



<為替> ドルが主要通貨に対し下落した。朝方発表された消費者物価指数(CPI)統計が米連邦準備理事会(FRB)に緩和継続の余地があることを示す内容となったほか、最近の急ピッチなドル高や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた警戒感から、利食い売りが優勢になった。



ドル/円は0.7%安の95.38円。年初来ドルに対し大幅下落している円にショートカバーの買いが入り、円は1週間ぶり高値となる95.06円まで上昇する場面もあった。



ポンドは対ドルで一時10日ぶり高値に上昇。キング総裁が中銀として一段のポンド安は求めておらず、相場は現時点で「妥当な価格」水準にあるとの見方を示したことが材料視された。



<債券> 国債相場が反発。株安や米ミシガン大消費者信頼感指数の予想外の低下を受けて、米国債への逃避買いが再び強まった。



市場は今週予定されていた一連の入札を前日までに消化した。利回りが依然として高めに推移していることから国債への買いが集まったとアナリストはみている。



相場は、ロイター/ミシガン大学が集計した3月の米消費者信頼感指数(速報値)が予想外に低下し、2011年12月以来の水準となったことを受けて上昇した。



米財務省は15日、指標10年国債を大量に保有する投資家に対し、保有高を報告するよう指示した。米国債市場で今週、取引不能額が急増したことに関連し、3月11日時点で2023年2月満期債を20億ドル以上保有していた大口の市場参加者にニューヨーク連銀への保有高報告を求めた。



<株式> 小反落。ダウ平均は小幅ながら11日ぶりに値下がりした。個別銘柄では銀行のJPモルガン・チェース<JPM.N>が悪材料で売られた。



週間ではダウが0.8%高、ナスダックが0.15%高、S&Pが0.6%高。



米連邦準備理事会(FRB)は前日、ストレステスト(健全性審査)の一環として大手銀18行中14行の資本計画(配当、自社株買いなど)を承認したと発表した。一方、JPモルガン・チェース<JPM.N>とゴールドマン・サックス<GS.N>については資本計画を条 件付きで承認したほか、アライ・フィナンシャルとBB&T<BBT.N>の資本計画は却下し た。



JPモルガンは1.9%安。一方、ゴールドマンは当初の下げから値を戻し0.5%高となった。



株価指数先物、個別株先物、株式オプション、株式指数オプションの4つの期日が重なるクワドルプル・ウィッチングを迎え、出来高が膨らんだという。



<金先物> 米経済指標やドル安・ユーロ高を眺めて小幅に続伸した。中心限月の4月物は、前日終値比1.90ドル高の1オンス=1592.60ドルで取引を終了した。



この日発表された2月の米消費者物価指数(CPI)、3月の米ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)を受けて、量的緩和の早期終了観測が後退し相場を押し上げた。



さらに、外為市場はユーロ高・ドル安基調で推移し、ドル建ての金相場は相対的な割安感からも買われた。



ただ、2月の米鉱工業生産が予想を上回ったことや、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて市場の模様眺めムードも強く、上げ幅は限定的だった。



<米原油先物> 根強い米国の景気回復期待を背景とした買いに続伸。米国産標準油種WTIの中心限月4月物は前日比0.42ドル高の1バレル=93.45ドルと、中心限月としては2月20日(94.46ドル)以来約1カ月ぶりの高値で終了。5月物は0.44ドル高の93.82ドルで引けた。



この日は早朝から発表が相次いだ米経済統計を眺め、93ドル台半ばを中心にもみ合う展開。立会取引の開始時刻前後には、インフレ指標の落ち着きに加え、ニューヨーク州製造業景況感の回復傾向が確認されたことに買い安心感が広がり、相場は電子取引で一時93.84ドルまで上げ幅を拡大した。外国為替市場のドル安・ユーロ高も支援材料。



しかし、その後は消費者景況感の悪化や米株価の軟調な値動きに押されて一時マイナス圏に転落。取引半ば以降も、景気回復期待を手掛かりとした買いと週末前の利益確定売りが交錯し、終日方向感に乏しい商いとなった。



[東京 16日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130316-00000022-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



3月28日(木) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会


3月28日(木) 『リスクフリーネットビジネス』


佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 ~体感速度をアップさせるフォーム作り~ [SS0001]

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/784-2f3e7878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)