Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ユーロ圏経済、伊選挙で成長リスク高まらず=キプロス中銀総裁

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ユーロ圏経済、伊選挙で成長リスク高まらず=キプロス中銀総裁


ロイター 3月15日(金)6時34分配信










ユーロ圏経済、伊選挙で成長リスク高まらず=キプロス中銀総裁


3月14日、ECB理事会メンバーのデメトリアデス・キプロス中銀総裁は、イタリア総選挙の結果ユーロ圏の成長リスクが高まる状況は生じていないとの認識を示した。写真は昨年11月、ニコシアで撮影(2013年 ロイター/Andreas Manolis)





[ニコシア 14日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのデメトリアデス・キプロス中銀総裁は14日、イタリア総選挙の結果ユーロ圏の成長リスクが高まる状況は生じていないとの認識を示した。



ロイターとのインタビューで語った。



総裁はユーロ圏経済について、明確な勝者不在となったイタリア総選挙による影響はほとんど見られないとし、米経済の底堅い回復が欧州の回復加速を下支えする可能性があるとの見方を示した。



また、ユーロ圏重債務国は財政赤字の解消に向けて前進しており、目標に近付きつつあると指摘。その上で「財政の調整を完了したわけではない」とし、今後は経済構造改革に注力することが重要だと述べた。



キプロス問題については、金融支援を実施しなければユーロ圏全体を脅かす「システミックリスク」になるとし、ユーロ圏経済にとって債務危機の再燃が最大のリスクだと警告。「(景気回復への)最大のリスクは周辺国であり、現時点ではキプロスだ」とし、欧州諸国は月内に支援協議をまとめるべきとの考えを示した。



ユーロ圏は15日に財務相会合を開き、キプロスの金融支援問題を協議する。



デメトリアデス総裁は、最新のECBスタッフ予想で2014年のユーロ圏インフレ率(中央値)が1.3%と予想されていることについて、ECBの目標を大幅に下回っているものの、早急に措置が必要な問題ではないと指摘。「低めであるのは確かだが、低すぎるとは思わない。様子見が妥当な姿勢だろう」と述べ、ECBとしてデフレのリスクは認識していないと言明した。



現行0.75%のECBの主要政策金利については、回復を下支えしているとの認識を示し、「ECBの金融政策スタンスは引き続き緩和的だ」と述べた。



期間3年流動性供給オペ(LTRO)については、早期返済状況を踏まえ、追加実施の必要性は現時点で認識していないとした。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000024-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



爆裂プロフィットファクターFX-裁量×オートマチックコラボレーションマジック-


爆裂プロフィットファクターFX-裁量×オートマチックコラボレーションマジック-


サイクルヒットFX 2011 MT4
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/779-cda4329b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)