Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

小反発=過熱感で上値は重く〔東京株式〕(14日前場)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


小反発=過熱感で上値は重く〔東京株式〕(14日前場)


時事通信 3月14日(木)12時0分配信







 【第1部】米景気の改善期待などを背景にした買いに支えられ、日経平均株価は前日比43円29銭高の1万2282円95銭と小幅に反発した。ただ、直近上昇による過熱感が消えておらず、上値は重かった。東証株価指数(TOPIX)は同0.42ポイント安の1031.00と小幅続落。出来高は14億0450万株(概算)。

 【第2部】続伸。東亜石がにぎわい、グローベルス、FJネクストも堅調。半面、アサヒインテックが緩み、テークスGも軟調。出来高2488万株。

 【外国株】高安まちまち。出来高2万7100株。

 ▽手掛かり乏しい

 前日の米株が経済指標改善を受けて底堅い動きとなり、為替も欧米市場で円安・ドル高に振れたため、東京市場は買いが先行した。ただ、直近の上昇による過熱感が冷め切っていないため利益確定売りに押される銘柄も散見された。寄り後にドル・円が少し円高方向に動いたこともあり、日経平均は徐々に上げ幅を縮めた。「国内機関投資家からは、決算を見据えた換金売りなども出やすい時期にさしかかっている」(大手証券)との指摘もあった。

 もっとも、これまでの円高修正で輸出企業の来年度業績への期待感は高まりつつあり、金融緩和強化による金余り相場への思惑も根強い。「きょうは手掛かり難」(銀行系証券)のため、為替が円安に振れなければ後場も大きく切り返す展開は期待しづらいが、「下値では押し目買いが入るのではないか」(同)という。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130314-00000009-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



全額返金保証付きの月利100%対面トレード塾、成功の秘密大公開セミナー


PF6.51FX USDJPY


HN-FX-EUR
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/777-503549db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)