Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

9日ぶり反落=高値警戒から利益確定売り〔東京株式〕(12日)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

9日ぶり反落=高値警戒から利益確定売り〔東京株式〕(12日)


時事通信 3月12日(火)15時30分配信







 【第1部】高値警戒感から先駆株を中心に利益確定売りが広がり、日経平均株価は前日比34円24銭安の1万2314円81銭と9営業日ぶりに反落した。取引時間中の昨年来高値を更新する場面もあったが、徐々に売り物に押される展開だった。東証株価指数(TOPIX)も同4.08ポイント安の1035.90と、5日ぶりに値下がりした。出来高は42億3651万株。

 【第2部】10日ぶり反落。テークスGが値を消し、オオバは下げ幅拡大。半面、花月園は高く、アサヒインテックも買われた。出来高7576万株。

 【外国株】しっかり。出来高6万6500株。

 ▽当然の一服

 日経平均株価は取引開始直後に100円超上昇し、1万2500円にあと30円余りまで迫った。しかし、その後はじりじりと値を消し、結局34円安と9営業日ぶりに反落した。もっとも、最近の上昇ピッチの速さを考えれば、「当然の一服」(大手証券)。8日間で1100円も上昇した割には下げ幅は限られ、底堅さをうかがわせる値動きだった。

 米国の景気回復や日本の「大胆な金融緩和」期待を背景に、円相場の下落基調に変化は見られない。円安を追い風にした企業業績の改善観測は根強く、海外勢や個人投資家の株式購入意欲は依然として旺盛だ。今週に入り市場エネルギーが増加傾向にあり、「利益確定売りを吸収しながら上値を試す地合いは整いつつある」(銀行系証券)状況だ。市場関係者からは、「東証1部の売買代金が2兆5000億円を超える状態が定着すれば、日経平均も1万2500円を回復しよう」(同)との声が上がっていた。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130312-00000042-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』


『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』


『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/770-61d7bd05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)