Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

会計士の役割 -この5年間で合格者が3分の1に減ったワケ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


会計士の役割 -この5年間で合格者が3分の1に減ったワケ


プレジデント 3月9日(土)11時15分配信




















写真を拡大
写真を拡大


会計士の役割 -この5年間で合格者が3分の1に減ったワケ



写真を縮小
写真を縮小


会計士の役割 -この5年間で合格者が3分の1に減ったワケ

激減する公認会計士試験の合格者




 2012年の公認会計士試験合格者数は前年比10.8%減の1347人にとどまった。06年に金融庁が会計士を5万人に増やす構想を打ち出し、この年は前年の2.3倍の3108人、翌年は4000人台を突破したが、11年は1511人まで減少し、昨年は06年以降、最少の合格者数となっている。



 しかし、1990年代の合格者数は500~1000人弱であり、当時からすると12年の合格者数は「多く」、さらにいえば「過剰」と感じる水準となっている。



 米国は人口3億人超に対し、公認会計士(CPA)は30万人といわれている。日本は人口1.2億人に対して3万人前後。人口は半分程度なのに会計士は米国の1割ほどであり、会計士が少ないようにみえる。



 とはいえ、日本には公認会計士と同等の難易度を有する会計の専門資格として税理士という資格が存在する。また、米国には日本のような厳格かつ広範囲に定着した年末調整の制度がないため、個人も各自が所得の申告を行っており、CPAが税務手続きをすることも日本より多いようだ。



 日本の公認会計士が上場企業の会計監査を業務の主体としているのに対し、米国のCPAは日本の会計士以上に税務も手掛ける場面が多くなるなど、そもそも業務の範囲や潜在的なニーズが異なるのである。



 会計士を増やそうとした背景には、会計士の需要が高まるという“幻想”があったのだ。



 06年前後は、内部統制の整備で会計士のニーズが高まった時期である。内部統制とは、業務の有効性、効率性、財務報告の信頼性、法令遵守、資産の保全を図るためのもの。その整備のために会計士の仕事が増大し、一時期は会計士不足の状態となり、“内部統制バブル”なる言葉も囁かれたほどである。



 さらに14~16年には国際会計基準(IFRS)の適用が見込まれ、会計士ニーズのさらなる拡大が期待された。世界的に景気が良かったことも、必要性を高めに見積もることにつながっていたはずだ。



 しかし、企業は内部統制導入時こそお金をかけたものの、その後リーマンショックが発生し、コストをかけにくくなったことから会計士のニーズは激減した。また、IFRS適用に後ろ向きとなり、監査法人自体の経営も悪化し始めている。



 加えて特筆したいのは、日本では会計への意識が高くないことである。



 日本企業は営業や開発が経営の重要なファクターであり、会計は“後付け”という発想が依然として根強い。しかし、繰り返し述べているように、財務諸表には財務改善のヒントはもちろんのこと、経営戦略の材料も隠れている。



 その材料を見つけ出すのがまさに会計士の役割であり、それができてこそ、「続けて使いたい」「コンサルティングをしてほしい」と思われる会計士なのである。そうしたスキルとセンスがある会計士であれば、企業が幹部候補生として採用するということも十分考えられる。そうでない会計士が多いから、需要が伸びてこないのだ。



 会計士を目指す若者から「監査法人に入社できますか? 」といった質問を受けることも少なくないが、「資格を取得したら監査法人に入ってアガリ」という固定観念は変えていく必要がある。会計士としてではなく、一般社員として企業に入社して会計の知識を活かすのもいいし、営業職など、現場を学んでから会計士を目指すのもいい。



 会計士という業務独占資格を活かすことに固執すると自らの領域を狭めることになる。監査業務に捉われず、自ら何かを発見する能力、生み出すセンスが、会計士の存在意義を高めるのだと信じて疑わない。





公認会計士・税理士 柴山政行 構成=高橋晴美 図版作成=ライヴ・アート







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130309-00008733-president-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【レイバス】FXセブンストラテジー2


チャンピオントレーダーのFXシグナル配信サービス(3ヶ月)~チャンピオン シグナル~


Legend・of・FX プレミアム

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/757-bb8415a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)