Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(8日)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


欧州市場サマリー(8日)


ロイター 3月9日(土)4時41分配信







1454GMT     7日終盤



ユーロ/ドル<EUR=>    1.2979/1.2981   1.3104



ドル/円<JPY=>   96.16/96.20    94.81



ユーロ/円<EURJPY=> 124.81/124.84   124.26



<p />8日終値    前営業日終値



株 FT100 6483.58(+44.42) 6439.16



クセトラDAX     7986.47(+46.70) 7939.77



<p />金 現物午後値決め 1581.75    1579.50



<p />先物



3カ月物ユーロ(6月限)   99.79 (+0.01) <FEIM3>



独連邦債2年物(6月限)  110.62 (+0.03) <FGBSM3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(6月限)  125.65 (+0.07) <FGBMM3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(6月限) 142.76 (‐0.07) <FGBLM3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(6月限) 132.18 (‐0.04) <FGBXM3><0#FGBX:>



<p />現物利回り



独連邦債2年物      0.077 (0.086) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物      0.485 (0.489) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物     1.503 (1.487) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物     2.350 (2.344) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> ドルが円に対して、2009年8月以来約3年半ぶりの高値となる96.54円をつける場面があった。



この日発表された2月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数が23万6000人増とエコノミスト予想の16万人増を大幅に上回り、失業率も2008年12月以来の低水準の7.7%に低下したことが追い風となった。



ロイター・データによると、ドルはユーロに対しても一時、昨年12月11日以来の高値となる1ユーロ=1.2955ドルをつけた。



ユーロ/円は、2月13日以来の高値となる125.95円をつける場面があった。



<株式> ロンドン株式市場は続伸。取引時間中に5年ぶり高値を更新する場面があった。米労働省が発表した2月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が前月比23万6000人増え、景気改善を示したことを好感、相場が一段高となる可能性も出てきた。



FT100種総合株価指数<.FTSE>は取引時間中に一時、6489.54の高値に上昇したが、午後に上げ幅を縮小、44.42ポイント(0.69%)高の6483.58で引けた。週間では1.6%高となり4週連続の上昇となった。



北米での売上高が大きい企業に買いが集まり、ボーダフォン<VOD.L>、BAEシステムズ、ウルズリー<WOS.L>などが値を上げた。リスク志向の高まりから銀行株<.FTNMX8350>も堅調だった。



ゲッコー・キャピタル・マーケッツのトレーダー、Vinay Sharma氏は「一部顧客は利益確定の機会と捉えている」と指摘。「ただ、相場が動く余地は依然大きいとの見方があり、来週のいずれかの時点でFT100指数は6500の水準を試す場面もあり得る」と見通した。



比較的堅調な企業決算や、世界景気の改善を示した中国貿易統計も追い風となった。



市場では、修正を予想するには時期が早すぎるとの声も聞かれた。



欧州株式市場は反発し、一時4年半ぶり高値をつけた。米雇用統計が強い内容となったことを好感し、買いが優勢となった。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は10.03ポイント(0.85%)高の1195.20。雇用統計を受け一時1197.73ポイントと2008年9月以来の高値をつけた。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は37.93ポイント(1.41%)高の2728.78。週間では4.3%上昇し、約4カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。



グローバル・エクイティーズ(パリ)のセールズ・トレーディング部長、ダビッド・テボー氏は、株式などへの資金流入が増えつつあると指摘。「米国の労働指標に改善が見られるうえ、各国地域の中銀も金融緩和の継続を表明しており、投資環境は良好といえる」と述べた。



2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比23万6000人増加し、エコノミスト予想の16万人増を大幅に上回った。失業率は2008年12月以来約4年ぶり低水準となる7.7%で、1月の7.9%から低下した。



クッツの国際株式ストラテジスト、ジェームズ・バタフィル氏は「雇用者数の伸びが20万人を超えたことで米経済は力強い成長への歩みを示している」とする一方、失業率は依然7%台後半にとどまっており、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和策の縮小に踏み切るとの心配はまだ早いと述べた。



イタリアやスペインの株価が大幅高となり、イタリアFTSE・MIB<.FTMIB>は1.6%、スペインIBEX<.IBEX>は2.9%それぞれ上昇した。銀行や通信の上げが目立ち、伊ウニクレディト<CRDI.MI>は2.8%高、スペインのテレフォニカ<TEF.MC>は4.2%値上がりした。



他の銀行株も堅調で、仏BNPパリバ<BNPP.PA>は4.1%高、オーストリアのライファイゼン銀<RBIV.VI>も2.6%上昇した。



<ユーロ圏債券> スペイン国債利回りがおよそ1年ぶりの水準に低下した。



予想を上回る米雇用統計を受けたリスク選好の高まりで、安全資産とされる独連邦債などからの資金流入が加速した。



スペイン10年債利回りは4.76%に低下し、銀行が欧州中央銀行(ECB)の期間3年流動性供給オペ(LTRO)資金を活用し国債を買い支えていた2012年2月初め以来の水準をつけた。



イタリア10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)低下の4.59%となった。



10年物スペイン国債の対イタリア国債利回り格差は17bpに縮小し、昨年4月以来の水準となった。同スプレッドは、イタリア総選挙前は100bp近くだったが、ECBの国債買い入れ方針に支援され、波及リスクが後退した。



一方、独連邦債先物は30ティック低下の142.53。独10年債利回りは3bp上昇の1.52%となった。米雇用統計を受けて、売りが膨らんだ。



2月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比23万6000人増と、予想上回る伸びとなったほか、失業率も2008年12月以来およそ4年ぶり低水準となる7.7%に改善した。



底堅い雇用統計は、金融市場の信頼感改善だけでなく、米経済の成長が米国以外の国・地域の成長も押し上げ、リセッション(景気後退)下で財政赤字削減に取り組むユーロ圏諸国にとっても追い風との見方も出ている。



ノルディアの首席アナリスト、ニールズ・フロム氏は「米経済が改善し加速の兆候を示せば、南欧諸国の痛みを和らげる可能性があり、周辺国にとっても支援材料となり得る」と指摘した。



[東京 9日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000019-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【中級者以上向け】異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross(ミリオンクロス)改』


異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross(ミリオンクロス)』


投資系アフィリサイト自動生成プログラム【FXA-Grande】

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/756-1bd41f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)