Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

アングル:欧州の政局不安、北欧株式市場への投資を加速へ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


アングル:欧州の政局不安、北欧株式市場への投資を加速へ


ロイター 3月5日(火)15時40分配信







[ロンドン 4日 ロイター] 小規模な欧州北部の株式市場が、新たな政局不安や債務危機のリスクを回避したい投資家を呼び込んでいる。一方、これまで資金の安全な逃避先とみられていたドイツは投資が加速する余地はあまりない。



イタリア総選挙後の不透明感やスペインなどの政局不安が、ユーロ圏の周辺国への投資に対する需要を後退させている。



多く投資家が依然、優良な輸出関連銘柄への投資の場として独DAX指数<.GDAXI>を選んでいるが、一層の利益を求めて一部ではオーストリアや北欧といった市場に注目する向きもある。



米調査会社EPFRグローバルによると、今年これまでにドイツのエクイティファンドからネットで11億5000万ドルの資金が流出。一方、北欧の市場へは3億3800万ドル、オーストリアには210万ドルの資金が流入した。



投資家は北欧やオーストリアの市場のリスクがより高く、流動性が低いと認識しているものの、それよりも巨額の利益が舞い込む可能性から、そのリスクに目をつぶる構えができていることが示されている。



ノルウェーのOBX指数<.OBX>や、オーストリアのATX指数 <.ATX>の構成銘柄の時価総額は、独DAX指数の約8%。この規模の小さささが、DAXと比べた時のリスクやボラティリティを高めている。



だが、トレーダーらは2013年の段階的な景気回復が株価を押し上げるとの期待感からオーストリアとノルウェーの指数がアウトパフォームすると予想しており、この懸念をあまり明らかにしていない。



デンマークのアルム・ブランド・アセット・マネジメントの株式部門トップ、マイケル・アダム・アドラー氏は「流動性は懸念ではない」と述べた。



アドラー氏やその他の投資家は、ノルウェーとオーストリアのバリュエーションが魅力的だと指摘する。DAXは2007年の過去最高値からわずか6%に迫っているが、オーストリアはまだ過去最高値まで50%あり、大幅な上昇の余地があることを示唆している。



<魅力的なバリュエーション>



トムソン・ロイターのスターマインの業績予想データによると、ノルウェーのOBX指数はドイツのDAXと同様、2008年の過去最高値をわずか6%下回る水準にあるものの、伸びる余地はドイツと比べて大きい。



ノルウェーは比較的力強い銀行システムと、豊富なエネルギー資源のおかげで金融危機の最悪期を乗り切った経済の上に成り立っている。



ロシュブリュンヌ・アセット・マネジメントのグレゴリー・ラベルン氏は、オーストリアとノルウェーには成長見通しと魅力的なバリュエーションという良好なコンビネーションがあると指摘した。



ドイツのDAXは、今後10年の1株利益(EPS)の年率平均伸び率が5.3%。スターマイン・スマートエスティメーツによると、株価純資産倍率は1.3倍。一方、オーストリアとノルウェーの市場は今後10年のEPSの年率平均伸び率がそれぞれ10.3%と6.3%、株価純資産倍率は0.9倍、1.3倍となっている。



ソシエテ・ジェネラルの株式ストラテジスト、ポール・ジャクソン氏は、オーストリアがドイツの「興味深い代替市場」だと指摘。一方、ドイツは2013年に急上昇の余地がある市場を求める投資家にとっては魅力が薄いとしている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000103-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


FX・投資系アフィリエイトサイト自動生成ツール【FXA-Grande】&【フラクタル・アフィリ】


幸せと豊さをもたらすFXトレードストーリー[FX入門&初心者編]

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/743-0acd319b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)