Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル93円前半で軟調、日銀副総裁候補の発言後にファンドの投げ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ドル93円前半で軟調、日銀副総裁候補の発言後にファンドの投げ


ロイター 3月5日(火)12時39分配信










ドル93円前半で軟調、日銀副総裁候補の発言後にファンドの投げ


3月5日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の93円前半。2月撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)





[東京 5日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の93円前半。この日は日銀副総裁候補が衆議院議院運営委員会で所信聴取に臨んだ。発言前後に新たな円売りポジションを仕込んだ短期筋は、ドルの上値が伸び悩んだため、正午にかけて同ポジションの投げに転じた。



ドルは早朝に93.54円の高値をつけた後いったん弱含み、岩田・日銀副総裁候補の発言(第一報)直後に93.52円まで切り返した。海外短期筋は、岩田氏の発言前後で円売りポジションを作ったものの、ドルが思いのほか伸び悩んだことで投げに転じるという「最近の相場でよく見かけるパターン」(外銀)に陥り、ドル/円の軟化を招いた。



政府が次期日銀副総裁の候補者に指名した岩田規久男・学習院大教授は5日、衆院の議院運営委員会で行った所信表明で、金融政策でデフレ予想をインフレ予想に転換させるとの決意を表明したうえで、日銀が物価安定目標2%の達成責任を全面的に負えば予想インフレ率が上がる、と述べた。



また、これまでの研究を金融政策に生かし、全力で職務まっとうするとした。さらに、デフレによって企業が金融資産を運用する家計化している、と指摘し、3本の矢の要は金融政策とし、金融政策で市場の期待変われば、株高・円安通じ投資・消費伸びると予想した。



市場では、日銀の新体制が「金融政策が万能だと信じ、その効力を過信している」(投資家)と懸念する声も出ている。



この日は小規模な売り買いを繰り返すファンド勢が目立ったが、基本的に「海外勢は4月の決定会合で何がでてくるのか見極めたいとのスタンスで、それまでは基本的に90―95円のレンジ内での推移となりそうだ」とバークレイズ銀行ニューヨーク支店のFXストラテジストの逆井雄紀はいう。



また最近の市場では、「日本勢のリパトリとみられる動きが目につく。債券価格とドル/円相場が上昇したので、期末を控えて利益を確定する動きがでているとみられる」(同)という。ただ、「日本勢が売ったところは海外勢が買いを入れているので、相場に直接的な影響を与えるようなものではない」と同氏は言う。



<豪ドル>



豪ドルは一時1.0224米ドルまで上昇した。1月の豪小売売上高が前月比プラス0.9%と予想のプラス0.4%を上回る上げ幅となったことに反応した。同時に発表された第4四半期の豪経常収支は147億豪ドルの赤字で、予想の154億豪ドルの赤字幅を小幅に下回った。



その後、HSBCが発表した2月の中国サービス部門購買部担当者景気指数(PMI、季節調整済み)が52.1と、前月の54.0から低下したことを受けて、一時1.0188米ドル付近までなんかした。同指数は50が景気の拡大・縮小の節目を示す。



(ロイターニュース 森 佳子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000073-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



サチン・チョードリー『印僑大富豪の教え“ジュガール”』


【クローンPPC】ネットビジネスで堅く月収50万円を最短で目指す!


サチン・チョードリー『印僑大富豪の教え“ジュガール”』

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/742-52cb8401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)