Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

初公開!牛乳石鹸工場のヒミツ 「赤箱」「青箱」に隠された歴史

 誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


「♪牛乳石鹸(せっけん) よい石鹸~」のCMソングや、牛のマークの石鹸の販売などで知られる「牛乳石鹸共進社」。その石鹸を製造する主力工場の安田工場(大阪市鶴見区)が内部を公開することになり、工場完成から半世紀を経て初めて、牛乳石鹸ができるまでの秘密が明かされることになった。通称「赤箱」「青箱」としておなじみの牛乳石鹸。はたして、どんな製作秘話があるのか、わくわくしながら工場の敷居をまたいだ。
. 今回、工場の内部が公開されるのは、発売85周年を迎えた超ロングセラーの「赤箱」の包装が平成6年以来、19年ぶりに刷新されるのを記念したもの。刷新されると10代目のパッケージとなり、これまで赤い箱の表面に白い文字で英語の「Beauty Soap」と書かれていたものが、今回初めて漢字の「赤箱」というロゴが添えられることになるという。
. ところで、「赤箱」「青箱」とはいったい何のことだろうか。同社によると、製造する際の成分が若干異なり、赤箱は「クリーミィーな泡でしっとり」、青箱は「ソフトな泡でさっぱり」がポイントだとか。
. ついでに、牛のマークの由来についていえば、「商いは牛の歩みのごとく」という格言に習い、粘り強く前進して堅実な経営を進めていこうという企業理念を象徴している。今では、牛のマークと、赤箱、青箱は、すっかり牛乳石鹸のシンボルとして、多くの人から愛されているという。
. さて、大阪の中心部・JR京橋駅から他のメディアの人たちと一緒にマイクロバスに乗り込んだ。ここから約30分バスに揺られ、安田工場に向かう。「赤箱もあったのね。東京では、青箱しか見ないけど」。車窓から外を眺めていたら、突然気になる声が聞こえてきた。えっ、東京には赤箱がない!?
. 同社によると、関西は赤箱、関東は青箱の認知度が高く、店頭でも東京では青箱が並んでいるケースが多いという。ちなみに1箱の値段は、赤箱が105円、青箱が84円。分量は、レギュラーサイズで赤箱が100グラム、青箱が85グラム。
..
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130302-00000500-biz_san-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXプライベート運用システム「Forex Private Banker」


FXで月100万を稼ぐ○秘術


◆ PASTA FX triple method ◆ サクっとスキャルで手堅く20pips。トレンドキャッチで100pips。3つの手法でチャンスを逃さない。

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/729-4e6c6fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)